白夜極光

  • 攻略
  • スマホ

【白夜極光】プレイレビュー!面白い点や評価を徹底解説!

白夜極光とは?

白夜極光とは、CODモバイルやPUBGモバイルなどの有名アプリゲームに携わる中国の大手ゲーム会社TencentGamesと、TOURDOGSTUDIOが手掛けるストラテジーRPGです。

物語の舞台は光と闇が戦い続ける終焉世界。不思議な能力を持つ一族“空の末裔”の最後の1人とされる主人公はその能力を活かし、光の力を使って戦う光霊と共に闇の存在・暗鬼を倒しながら世界の真実を追い求めます。
バトルシステムは、フィールドに表示されるタイルをなぞって戦うラインタクティクスバトルです。スマホのタッチ操作を最大限に活かした一筆書きによるアクションバトルが爽快。シンプルかつ戦略性のあるバトルが展開します。

デザインは150名以上のアーティストが担当。キャラボイスには悠木碧さんやM・A・Oさん、津田健次郎さんといった実力派人気声優を採用しており、個性あふれるキャラと主人公を待ち受ける壮絶な物語がプレイヤーを白夜極光の世界へと誘います。
リリースからたった3日で200万ダウンロード達成。人気沸騰中のストラテジーRPG作品です。

白夜極光の魅力5選

ソロプレイで白熱のバトル

白夜極光はアプリゲームには珍しい基本1人でプレイするRPGです。フレンド機能はあっても、フレンドのセットしているお助けキャラを借りられるだけでリアルタイムの共闘やチャットといった機能はありません。強敵相手でも自分1人の力で挑むため臨場感あふれる白熱バトルがとことん楽しめます。

加えてアプリゲームにはよくある対人戦も無く、ランキング機能もないので自分のペースでプレイ可能。強制的な対人要素がないので、純粋に物語を堪能できるのが魅力的ですね。他プレイヤーの強さや攻略の進度を気にすることなく、のびのびとプレイできます。
コミュニティ関連の機能や手助けがほぼないのが寂しいようにも感じられますが、手持ちのキャラでどう戦略の幅を広げるか、どんなチームを組んで戦うのか楽しみ方が無限大。家庭用ゲームさながらの自分の力を駆使して攻略するソロプレイシステムが奥深いです。

幅広い戦略バトルシステム

フィールドには4色の光のタイルが敷き詰められ、そのうち1色を一筆書きでなぞりそのラインをキャラ達が進んでいきます。ラインを進むキャラ達は光の力を溜めつつ道沿いにいる敵を攻撃。最大15枚までつなげることで最大2.5倍まで攻撃を強化、敵に大ダメージを与えられます。

さらになぞったタイルの枚数によってキャラごとの追加行動が発生、敵への追加ダメージやフィールド上のギミック破壊が可能です。他にもキャラごとに持っている固有スキルを活用して、好きな場所に移動することもタイルを有利な色に変換することもできます。中には味方を回復できるキャラもいるので、チームの編成次第で戦い方が変わっていくのが面白いですね。
一筆書きやスキルの使い方次第でバトルの展開が大きく変化。敵を一気に殲滅したり回復を使ってピンチから逆転したりと、ラインタクティクスとスキルの組み合わせによる幅広い戦略性が特徴的です。

個性的なキャラクターが登場

白夜極光では150名以上のアーティストに描かれ、実力派の人気声優に声を吹き込まれたキャラクター達が登場します。海外製作のアプリゲームなので少々日本語に難がある部分はありますが、ツンデレやクール、やんちゃなどそれぞれの強い個性を持ったキャラが魅力的です。
バトルシーンやメインストーリーで見ることができる臨場感あふれる姿だけでなく、平和な日常の姿まで細かく描かれています。キャラ達から用事があるとメッセージが送られてきたり、拠点となる巨像の中でキャラストーリーが展開したりと見どころが盛沢山。

情報メニュ―で見られるキャラクタープロフィールからは、手持ちキャラの解放済みのボイスを聴くことができますよ。実力派人気声優のボイスが自由に聴けるので、声優好きの方は要注目。さらにキャラの育成を進めることで新しいボイスデータが解放されるので、コレクター心がくすぐられますね。

クエストと任務が豊富

白夜極光ではメインコンテンツとなるメインストーリーに加えて、育成素材が手に入るクエストや強敵と戦う高難易度クエストなど多種多様なクエストに挑戦できます。特にサイドストーリーでは、メインストーリーでは語られない物語が展開。キャラ達の新たな一面を見られますよ。

クエストの多さに合わせてデイリーやストーリー、功績など任務の種類も豊富。メインストーリーやキャラの入手・育成度に合わせて大量の報酬を得ることが可能です。クエストや育成を進めるだけで、ガチャを引くのに必要なクリスタルや育成素材などが手に入るのは嬉しいですね。
任務はどうクエストを進めれば良いのかの指針にもなっているので、何をすれば良いのか迷いにくいのも魅力の1つ。メニューが多いとどう進めれば良いか迷いやすいという方も、簡単にプレイできる親切設計となっています。

巨像の強化で冒険の幅が広がる

古代の遺物として物語に登場する巨像は、主人公と光霊の活動拠点です。巨像のエネルギーを作る光力貯蔵室、クエストに挑戦する際必要なプリズムを作るプリズムの柱をはじめとした冒険の補助機能が多数ありますよ。解放した機能は素材を集めて強化可能、強化していくほど冒険の幅が広がっていきます。

巨像内には休憩所やカフェといったキャラが生活するスペースが存在し、手持ちのキャラが巨像の中で過ごす姿を見ることが可能です。キャラ同士の何気ない会話を覗いたり、キャラの悩み事を解決したりとクエストではなかなか見られない姿が見られます。キャラ達からちょっとしたプレゼントをもらうこともあり、資金やクリスタルなどの白夜極光を楽しむ中で必要なアイテムが貰えますよ。プレゼントマークがあったら受け取っておくのが良いですね。
さらに巨像内は3Dで立体的に描かれており、カメラを回して余すことなくキャラ達の様子を覗けます。家具を集めれば自由に装飾もできるため、自分だけの巨像を作れるのも楽しいです。

白夜極光の不満点・注意点

育成素材集めに少し手間がかかる

白夜極光ではキャラの育成や巨像の強化に必要な素材は、基本的にクエストで集めることになります。特にキャラの覚醒ではキャラのレアリティに関係なく大量の覚醒素材が必要です。素材は主にメインストーリーのクエストで入手するので、素材が貯まるまで何度か周回しなくてはいけません。加えて周回に必要なスタミナも多くはないので、育成素材集めに少し手間がかかってしまいます。

もちろん素材はクエスト以外にも任務や商店で素材の入手が可能です。入手できる量に限りがありますが、集める量が少なくなるのでキャラの育成は少し楽になります。他にも覚醒素材が手に入る属性別の素材箱があり、属性ごとの覚醒素材を指定して入手できるため便利です。
緩和策があるとはいえ素材集めに時間と手間がかかることは間違いありません。キャラ育成に手間がかかること自体は悪いことではないのですが、本音としてはもう少し緩和してもらいたいですね。素材集めに関しては十分追加要素で変化する可能性もあるので、今後に期待でしょう。

クエスト1回にかかるスタミナが多め

プレイ中に最も気になるのがスタミナであるプリズムの消費量です。実は序盤から最大量が30であることに対して、消費量が15とクエスト1つでサクッと半分使ってしまいます。各クエストのプリズム消費量が10以上なので、プレイしにくい印象が強いですね。

当然、消費量が多い分それに対する緩和策も用意されています。チームレベルが上がると最大値が上昇し最大値分のプリズムが回復したり、巨像の機能で時間をかけてプリズムを貯蓄したりと時間経過以外でプリズムを回復することが可能です。加えて、消費量が多いのに対して6分に1回復していくので、レベルアップボーナスを合わせれば序盤は割と遊び続けることができますよ。

ただ、回復できる機会があるとはいえ、無暗にクエストに挑戦していると結局すぐにプリズムが切れてしまいます。キャラ育成をするときほど計画的にクエストに挑むのがおすすめです。

白夜極光はこんな人におすすめ

マイペースに攻略を進めたい人

・キャラを駆使した幅広い戦略バトルを堪能したい人

・本格的なRPGのストーリーを読みたい人

・声優が好きな人

白夜極光の基本情報

ジャンル ストラテジーRPG
プレイ人数 1人
ハード Android、iOS
リリース日 2021年6月17日
価格 基本無料、アプリ内課金有り