白夜極光

  • 攻略
  • スマホ

【白夜極光】豪華報酬が手に入る尖塔を攻略!高難易度階層のコツまとめ

白夜極光では高難易度コンテンツの尖塔があり、4属性の塔を登っていくごとに強敵と戦うことができます。各塔で使えるキャラに制限がある中で、どのようにパーティを編成するべきか気になるところ。元々高い難易度を誇る塔の中でも高難易度階層の攻略のコツも知っておきたいですよね。
今回は白夜極光の尖塔について、高難易度階層の攻略のコツをまとめていきます。手持ちのキャラを駆使して攻略するコツをつかみましょう。

高難易度コンテンツ・尖塔挑戦とは?

尖塔挑戦は、属性別の4つの塔を指定の属性でパーティを作り攻略していく高難易度コンテンツの1つです。水属性の極寒の尖塔であれば水属性キャラのみ、火属性の溶解の尖塔であれば火属性のみと使えるキャラが固定されています。普通のバトルとは違って使えるキャラに制限がある中で、強敵と戦うことができる腕試しのようなコンテンツですね。尖塔は4つありますが、各階層のギミックと敵はほぼ統一されています。使用キャラの制限がある中で、いかに手持ちのキャラを駆使して攻略できるかが鍵です。

尖塔の解放条件

尖塔挑戦は、ストーリークエスト4-14をクリアすることで解放されます。すべての尖塔が解放されるので、4-14をクリアするだけで挑戦可能です。ただし、尖塔は難易度が高いコンテンツなので、解放直後から一気に攻略できるものではありません。しっかりとキャラ育成しながら挑むのがおすすめですよ。

階層ごとに豪華報酬が手に入る

各塔では1層ごとに敵とギミックが設けられており、バトルをクリアすることで次の階層に進めます。階層の初回クリア時には、経験値素材や覚醒素材などのキャラ育成素材とコイン、召集星標が手に入ります。コツコツとストーリークエストで集める必要のある覚醒素材が大量に手に入るので、階層を登るほどキャラの育成も進行。だ育てられていないキャラを育成しやすくなるので、より塔に挑戦しやすくなりますよ。

攻略用チーム編成のコツ

色変換と移動の能動技が攻略の鍵

尖塔では使えるキャラの属性が1つに固定されているため、普通のクエストのように多属性パーティを使ってうまく立ち回るということができません。各キャラの真価を発揮するには、マスの色変換と瞬間移動の能動技が鍵となってきます。特に色変換は、極光モードを発動するのにも使いますが何よりパーティ全員で攻撃を行うために必須です。瞬間移動もチェイン出来るマスまで移動するのに便利ですよ。
パーティに編成したキャラをすべて活用するためにも、色変換と瞬間移動の能動技を駆使した編成を行いましょう。アタッカーが強ければ残りは色変換キャラでも十分立ち回れます。

敵とギミックに合わせてキャラを編成する

尖塔では階層ごとに登場する敵やギミック、盤面が変化していきます。ずっと同じパーティ編成で攻略し続けることもできますが、階層に合った編成をすることでより有利に立ち回ることが可能です。連鎖技が1つ違うだけで攻略の難易度が変わってくるので、挑戦して難しいと感じたら編成を変えていきましょう。
各階層は挑戦する際にスタミナ不要なので、何度でも再挑戦を繰り返すことができます。再挑戦しやすいことを活かして、敵やギミックに合わせた編成に変えながら攻略を進めていくとスムーズに上層に進めますよ。

各属性の回復キャラを1人用意しておく

アタッカーと色変換キャラだけでも序盤の攻略は可能ですが、階層を進めて敵が強くなっていくとHP面が厳しくなります。ターン数が0になるのもよくありませんが、その前にHPが0になっては元も子も有りません。ボス戦や攻撃力が高い敵、デバフを使ってくる敵とのバトル用に各属性の回復キャラを1人以上用意しておきましょう。

20階までの高難易度階層のコツ

13階層

推奨キャラ平均レベル 覚醒Ⅰレベル13
ターン数 10ターン
出現する敵 鋼獣 広範囲攻撃を行う
魔眼 灰虫を毎ターン召喚
おすすめ構成 火力2人 変換2人 サポート1人(HPが足りない場合回復)

誰もが最初にぶつかる高難易度階層が13階です。主に登場する敵は体が大きな4マス暗鬼の鋼獣と動かないが雑魚敵を召喚する魔眼です。2ウェーブありますが、それすべてを最大10ターンでクリアすることになります。

攻略の鍵はウェーブごとに配置される8つの岩。岩を連鎖技や能動技で破壊することで、中から攻撃アイテムが必ず排出されます。そのアイテムを活用することで、敵に大ダメージを与えられるという寸法です。13階層の推奨レベルのキャラの火力だけでは倒しきるのが難しいので優先して使っていくのがおすすめです。
強力な広範囲攻撃を行う鋼獣を優先しても良いですが、灰虫の処理が追い付かない場合は先に魔眼を倒しましょう。灰虫が処理できないと行動範囲が大きく制限されていくので要注意。レベル差があっても倒す順番次第で勝率が変わってくるので気を付けてください。

14階層

推奨キャラ平均レベル 覚醒Ⅰレベル14
ターン数 7ターン
クリア条件 7ターン生き残る
おすすめ構成 火力1人 変換3人 サポート1人(回復or瞬間移動キャラ)

通常のクエストでも珍しい、7ターン生き残ることが勝利条件の階層です。敵のHPが非常に高く、適性レベルまで育成できていても敵を倒しきることはできません。常に毎ターン的の攻撃が届かない範囲まで逃げることが求められます。
攻略の鍵はフィールド中央にあるワームホール。チェインの最後にワームホールにつなげることで、フィールド上の好きな位置に瞬間移動できます。それを利用して敵から大きく離れた場所に毎ターン移動することで、敵の攻撃を受けることなく7ターンやり過ごせます。
ただし、ワームホールのマスに敵がいると利用不可。敵がいるマスには移動できないので、逃げやすくするために変換キャラを多く用意しておくのがおすすめです。

20階層

推奨キャラ平均レベル 覚醒Ⅰレベル25
ターン数 15ターン
出現する敵
ミラー 四方の壁を使って移動・攻撃
縦・横の一直線で攻撃
攻撃範囲をマスリセット
幻影を召喚
おすすめ構成 火力2人 変換2人 サポート1人(HPが足りない場合回復)

20階層では岩の壁に隠れるボス・ミラーが登場します。前半はフィールドの四方に出現する岩の壁に憑依して攻撃と移動を繰り返します。岩の壁を2~3枚ほど壊すと残った壁が崩れミラーの本体がフィールド上に出現します。毎ターン幻影を召喚し、幻影とミラー本体が攻撃してくるのでHP管理が難しい場合もありますよ。
前半はミラーが入っている岩のみ攻撃可能。そのほかのミラーが入っていない岩は攻撃できません。チェインと連鎖技で岩を素早く壊せるかどうかで攻略の難易度が変わってきます。範囲系の連鎖技を活用して効率よく岩の耐久値を削っていきましょう。変換キャラを活用して岩に連続で通常攻撃を行うのもおすすめです。

後半のミラーの本体出現からはミラー優先で攻撃。毎ターン出現する幻影はHPが低めなので連鎖技に巻き込んで倒す形が良いです。幻影ばかり攻撃しているとミラー本体を倒せずにゲームオーバーになることも少なくないので注意してください。幻影も含め敵すべてを殲滅すればクリアです。

40階までの高難易度階層のコツ

23階層

推奨キャラ平均レベル 覚醒Ⅰレベル25
ターン数 10ターン
出現する敵
鋼獣 広範囲攻撃を行う
魔眼 灰虫を毎ターン召喚
カゲモリ 他の暗鬼のHPを回復
プローパー 遠距離攻撃
おすすめ構成 火力2人 変換2人 サポート1人(HPが持つなら火力も可)

23階はいかに素早くカゲモリを倒せるかが勝負の鍵となっています。2ウェーブありますが、必ずHP回復役のカゲモリがブロックで囲われている状態です。連鎖技の種類によってはブロックを貫通できないことがあるので、編成するキャラが肝ですね。尖塔はスタミナがかからないので、最初の盤面を有利にするために再挑戦し続けるのもおすすめです。
1ウェーブ目の魔眼については、倒しやすい同属性の魔眼を先に倒しておくと、灰虫の増殖を抑えることが可能です。灰虫が増えるとチェインしにくくなるので、適度に倒しながらカゲモリに攻撃を与えていきましょう。

編成するキャラに斜め攻撃可能なキャラがいると、ブロックに阻まれても攻撃が通るので攻略が進めやすくなります。他にもラスやミジャードのような攻撃対象が敵の連鎖技を持ったキャラがいると、チェインし続ける限りダメージを与えられますよ。

25階層

推奨キャラ平均レベル 覚醒Ⅰレベル35
ターン数 15ターン
出現する敵
フェネクス 近接攻撃
ノックバック攻撃
めまい効果
フェニィ 遠距離攻撃
フェネクス回復
おすすめ構成 火力2人 変換2人 サポート1人(HPが足りない場合回復)

メインストーリーでも戦うことがあったフェネクスとフェニィがボスとして登場。ストーリークエストと同様にフェネクスが強力な近接攻撃を行い、フェニィがフェネクスの援護を行います。倒す順番は火力に自信があるのであればフェネクスからでも可。基本は回復役のフェニィから倒すと時間がかかりにくくなります。

フェネクスの行動パターンを把握することでめまい効果を避けることも可能です。1・2回目の攻撃は攻撃範囲内の敵をただ攻撃するのみ、3回目でめまい効果を付与する攻撃を行います。その繰り返しなので3回目の攻撃のみ確実に避けるようにしましょう。フェネクスの攻撃は強力でフェニィの援護射撃もそれなりに痛い攻撃なので、HPが低い場合は回復役を連れていくのが良いです。

28階層

推奨キャラ平均レベル 覚醒Ⅱレベル3
ターン数 10ターン
出現する敵 カゲモリ 他の暗鬼のHPを回復
おすすめ構成 火力2人 変換3人

28階層は敵がHP回復を行うカゲモリのみとなっているため、割と簡単な印象がありますがターン数が少ないので要注意。フィールドには使用できないマスもあるためよく考えて進める必要があります。フィールド中央にワームホールが配置されているので、ワームホールを活用した立ち回りがおすすめです。
フィールドの特性として毎ターンプレイヤーはHP10%を削られていきますが、敵はカゲモリのみなのでそれ以上のダメージはありません。さらに回復効果を受けることはできないので、回復キャラを抜いて変換と火力キャラのみ編成しましょう。

30階層

推奨キャラ平均レベル 覚醒Ⅱレベル5
ターン数 15ターン
出現する敵 シャイア HPが減ると凶暴化(2回攻撃・範囲拡大)
遠距離攻撃+ノックバック
召喚陣(ルーン)
スイェート HPが減ると凶暴化(2回攻撃・範囲拡大)
近距離攻撃+めまい
召喚陣(ルーン)
おすすめ構成 火力2人 変換2人 サポート1人(HPが足りない場合回復)

メインストーリーでも戦ったシャイアとスイェートとのバトルです。内容はメインストーリーと同じですが、各塔でそれぞれの属性が変わります。片方は有利な属性、片方は不利な属性です。
どちらかが倒れると残った方が凶暴化する性質を持っているので、なるべく同じ量を削っていくのがおすすめ。特に不利属性のシャイアを凶暴化させると、遠距離攻撃と召喚で後半のバトルが難しくなってしまいます。HPを大きく残したまま凶暴化させないように立ち回りましょう。

どちらもルーンをマスに付与して3ターン後にシャドウボールを召喚することができます。シャドウボールはHP回復能力を持っているので厄介な存在。召喚する前にルーンのあるマスをチェインするとルーンを消すことが可能です。スイェートとシャイアの攻撃範囲を見つつ、ルーンを消しながら攻撃していくと簡単に倒すことができます。

超高難易度!43階層攻略のコツは?

推奨キャラ平均レベル 覚醒Ⅱレベル33
ターン数 12ターン
出現する敵 チェンジ・転 吸い寄せ攻撃
マスリセット
めまい・麻痺・恐怖などの状態異常を無効
チェンジ・易 吸い寄せ攻撃
マスリセット
めまい・麻痺・恐怖などの状態異常を無効
おすすめ構成 火力2人 変換2人 サポート1人(HP管理する場合は回復キャラ)

尖塔43階は一応覚醒Ⅱレベル33が推奨レベルですが、それ以上に難易度がとても高い階層となっています。ハッキリ言ってしまうと覚醒Ⅲに近いかそれ以上の能力が必要です。敵の攻撃力が高く、攻撃の回避に失敗すると2~3ターン持てば良い方ですね。さらにマスをリセットされるので攻撃が詰まってしまいます。チェンジャーを活用して稼働しやすいマス作りをしなければいけません。

立ち回り方は2体を長押しして、次の行動範囲を確認しながら進めていくのがおすすめ。行動範囲が広く攻撃すべてを回避するのは難しいですが、どちらかの攻撃を避けることができれば応戦可能です。初手は運なので再挑戦を繰り返して立ち回りやすいマスを出してから開始するのが良いですね。
変換以外にも敵の行動範囲を制限する減速の付与も使いましょう。キーティンやオティ、セファーなどで減速を付与することで、立ち回りやすい環境が作れます。ただし、めまいや恐怖といった状態異常は無効となっており、使っても意味はないので注意してくださいね。

キャラの能力が追い付かない場合は装備技のレベルを上げて、有利属性への攻撃力の割合を上げるのも重要です。装備技の効果の1つとして、有利属性への攻撃を増加させる効果があります。レベル9以上にすれば30%増加になるので、火力が足りない場合は装備技の強化を試してみましょう。

戦略バトルの限界に挑戦!

白夜極光の尖塔は各ストーリークエストや素材クエストと打って変わって、戦略バトルの限界に挑戦するような高難易度コンテンツです。キャラの育成もそうですが、最終的に必要となるのはプレイヤーの腕前や戦略。尖塔では普通のクエストバトルでは味わえない臨場感を味わうことができます。尖塔の高難易度階層で戦略バトルの限界に挑戦していきましょう。