おすすめ記事
  • 攻略
  • PS4
  • Switch
  • PC

【APEX】クリプト の立ち回りやおすすめ武器構成を解説|ドローンやEMPの効果的な使い方も紹介【シーズン11】

「APEX Legends(エーペックスレジェンズ)」におけるクリプトのスキルの使い方や立ち回り、おすすめ武器構成やストーリーを紹介しています。

クリプトの評価

「ドローン」を操作して、索敵から攻撃の起点づくりまでこなす万能キャラ。独特で複雑なアビリティを持つため最初は扱いづらいが、極めたときのチームへの貢献度は非常に高い。VCを用いたとき、その真価を発揮する。フレンドとパーティーを組める方、野良でもガンガン連携をとれるプレイヤーにおすすめのレジェンドだ。

クリプトの特徴・最新調整

監視活動の達人

 

最新調整内容

2022年 2月 17日
ドローン視点のHUDが変更され、チームステータスやキルログなど、従来よりも多くの情報が得られるようになった。
ニューロリンクの検出視野範囲を160度から240度に増加。
ドローンの展開方法が再調整。操作ボタンを押す長さによって展開方法が変わるように。
ドローンのHUDマーカーが調整され、視認性が向上。
ドローンのHPが60→50に下方修正。

 

2021年 5月 5日
ドローンでケアパッケージをスキャンして開けられるようになった 。
ドローンを介した、使用済みリスポーンビーコンの再利用ができなくなった。

クリプトのスキル・アビリティ

スキル 効果

パッシブ

ニューロリンク

スパイドローンが検知したものに対して、チーム全体が目視できるようにマーキングする。

戦術アビリティ

スパイドローン

操縦可能な飛行ドローンを展開する。ドローン操作中はキャラクターコントロールができなくなる。

アルティメット

ドローンEMP

スパイドローンを中心に球体状のEMP爆発を起こす。これを受けた敵と自分自身はシールドダメージとスロウ効果を受ける。

パッシブ:ニューロリンク


戦術アビリティの「スパイドローン」が30m以内で視界に捉えたものにマーキングする。
ドローンが視界に捉え続ける限り、そのマーキングは永続的にチームに通知され続ける。

戦術アビリティ:スパイドローン

クールタイム 40秒
耐久値 60
操作可能範囲 クリプトを中心として半径200m以内

アビリティボタンを押すことで、ドローン操作へ移行する。その間はクリプト本体の操作ができない
また、ドローンはパッシブアビリティ以外にもいくつかの特殊能力を持っている。

特殊能力 発動条件
安置確認 調査ビーコンのスキャン
周辺(半径200m)部隊数の確認 マップ内に点在するバナーをドローンで確認

バナーの回収および

リスポーンビーコンによる蘇生

ドローンで味方のデスボックスに接近。

回収後リスポーンビーコンを起動。

ドローンを介してバナーを見ることでクリプト本体を中心に半径200m以内にいる敵部隊数を確認できる。バナーにピンをさすことで部隊数を味方に共有することもできる。

そのまま見たバナー

ドローンを介して見たバナー

アルティメット:ドローンEMP

クールタイム 180秒

展開中のスパイドローンを中心に半径30mの球体状のEMP爆発を起こす。範囲内の配置型アビリティを破壊し、敵と自身に50のシールドダメージを与える。また範囲内のプレイヤーすべてに数秒間のスロウ効果を付与する。

一度のEMPで壊せるアビリティ/アルティメット一覧

前提として、クリプトのEMPによって破壊されるアビリティは敵のものだけである。味方が配置したアビリティには影響がないので気兼ねなく発動しよう。

一度のEMPで壊せるアビリティ/アルティメット一覧
パイロン(ワットソン/アルティメット) フェンス(ワットソン/アビリティ)
ガストラップ(コースティック/アビリティ ドーム(ジブラルタル/アビリティ)
ドローン(クリプト/アビリティ) ブラックマーケット(ローバ/アルティメット)
ブラックホール(ホライゾン/アルティメット バリケード/増強壁部分(ランパート/アビリティ)
ショーケース(シア/アルティメット)

クリプトの立ち回り

 

【まとめ】ドローンの使い方をマスターしよう

 

ドローンの使い方

クリプトはプレイヤー操作とドローン操作をうまく使い分けて戦うレジェンドだ。
ドローンを使いこなすことで戦局を有利に進められる。下記で大まかな使用法を紹介するので実戦で活用してみてほしい。

攻撃ドローン

アルティメットのアビリティ破壊効果とダメージ・スロウ効果を最大限に生かす使用法。
対面力の高いプレイヤーキルムーブがしたいプレイヤーにオススメ。

 

建物内や遮蔽に隠れている敵に対してアルティメットを発動。

防衛用の敵アビリティを無効化しつつ、敵を弱体化。

味方と連携し、一気に殲滅する。

point!
アルティメット発動後に時間をおいてしまうと敵に回復の猶予を与えてしまう。
発動後は間髪入れずに戦闘が始まるのが理想。

防衛ドローン

ドローンの索敵能力とアルティメットの弱体効果を生かしたカウンター的使用法。
ランクマッチなど、どうしても建物やポジションを守りたい時にオススメ。

 

ドローンや足音によって敵の襲撃を確認。

ドローンの索敵により敵の位置を特定、場合に応じてアルティメットを発動

情報面・体力面において相手より有利な状態で戦闘が始められる。

point!
アルティメットによる味方へのダメージはないが、数秒の間スロウ効果が付与されてしまう。
発動前に一声かけると好感度アップ。

サポートドローン

ドローンの持つ様々な特殊スキルを活用し、戦闘面以外で大きく貢献できる使用法。
チームにサポート面でも貢献したいプレイヤーにオススメ。

 

バナーやドローンの飛行で付近の安全確認。

調査ビーコンをスキャンし、他部隊より先に次のエリアの強ポジを確保。

移動中に味方が倒さた場合においても、
ドローンによるバナー回収&蘇生でリスク控えめに体制の立て直しが可能。

point!
ドローン操作中はどうしてもクリプト本体の安全の確保が難しい。敵から視認されにくい場所に隠れてから起動し、操作中は味方に護衛をお願いしてみよう。操作時間を短くすることでより安全性が向上する。

上級テクニック:置きドローン

ドローンは展開後、回収するか敵に破壊されない限り最終操作地点でとどまり続ける。この特性を応用したテクニックが「置きドローン」と呼ばれるものだ。これにより、ドローン操作によって遅れていた前線への参加が迅速になり、戦闘時の対応力が大きく向上する。しかし、ドローンの配置によっては敵によって破壊されてしまい、ドローンの40秒間使用不可という大きなディスアドバンテージが生じる可能性がある。
敵の行動を読み切るドローンの配置タイミングが重要になる高度なテクニックであり、クリプトの熟練度が試される。
この置きドローンには大きく分けて「スキャン用」と「EMP(アルティメット)用」の二種類がある。

スキャン用

パッシブ:ニューロリンクを活用し、撃ち合いの中で情報アドバンテージを得ることを目的とした置きドローン。

スキャン用置きドローンのコツ
1. ある程度の破壊リスクは看過する
2. 戦闘中に相手が隠れそうなポジションが見えるように配置
3. 敵をプレイヤーとドローンで挟み込めるように

「スキャン用」ドローン配置例

EMP(アルティメット用)

アルティメット:ドローンEMPを当てつつ迅速に攻め切ることを目的とした置きドローン。

EMP用置きドローンのコツ
1. 絶対に破壊されないポジションに
2. 相手だけが爆発を受ける配置がベスト
3. 敵が近いときは配置せずに即発動も視野に

アルティメット促進剤を拾ってみよう

クリプトのアルティメットは非常に強力であり、発動回数を増やすことでより多くの戦闘チャンスを生み出すことができる。パーティーの構成次第では積極的に促進剤を使っていこう。最前線で撃ち合うことが少ないと感じたら、弾数を少し減らして促進剤を持つのも一つの手だ。

VCとピンで連携を取り、勝利を掴もう

クリプトの強みを最大限に引き出すためには、味方との連携が欠かせない
アルティメット後の詰めのシーンや、ドローン操作中の無防備な状態など、連携の有無でその成果には雲泥の差が生じる。VCで意思疎通が取れない野良との試合で、連携の重要性を痛感するプレイヤーも多い。普段からピンを刺すことを意識し、VCでより詳細な報告ができれば野良においても勝率は格段に上がるだろう。

ランクマッチでキルポイントを稼ぐには?

ドローンでスキャンし続け、その敵を味方が倒せばアシストポイントを得ることも可能だ。しかし、その分前線で戦う味方への負担が大きくなってしまう。ドローンの操作はほどほどに、味方へのカバーを最優先に立ち回ろう
アルティメット使用直後に敵を倒してもらうことでもアシストポイントは手に入る。積極的に攻撃に参加することで、結果的に多くのキルポイントの獲得にもつながるだろう。

ドローンを駆使して味方へ最高のカバーを

情報量が勝利に直結するこのゲームにおいて、ドローンの存在は非常に大きい。ドローンを上手く使い、味方と有益な情報を共有することでその後の展開を有利に進められる。
できることが多い分、プレイヤーの練度が問われるレジェンドであるクリプト。アルティメットの発動タイミングや、攻めか守りかの瞬時の判断力など、場数を踏むことでしか培えないスキルもあるため、失敗を恐れず経験を積んでいこう。

クリプトのおすすめ武器構成

 

近距離武器+中距離武器

 

最も無難なのは近距離武器中距離武器の組み合わせ。バック容量との兼ね合いで、近接武器はショットガンが理想。クリプトはドローンを用いて様々な立ち回りが可能だ。攻撃型なら近距離武器、防御型ならスナイパーライフルに持ち替えるのも有効だ。

おすすめの中距離武器

武器 武器種 オススメ理由・特徴

R-301

AR 反動が少なくリコイル制御しやすいのが特徴。どの距離でも扱いやすい。癖が少なく初心者にも使いやすい武器。

フラットライン

AR R-301と比べて反動が大きく扱いづらいがその分一発のダメージは強力。
近距離では腰うち推奨。リコイルパターンを覚えよう。

おすすめの近距離武器

武器 武器種 オススメ理由

プラウラー

SMG 5点バーストの火力が非常に高い。全弾ヒットさせれば敵のHPをゴリっと削れる。
リコイルパターンも覚えやすい。

ボルトSMG

SMG 反動が少なく、リコイルも簡単で非常に扱いやすい武器。弾落ちしにくく、敵に当てやすいのも魅力的。

EVA-8

SG オートで撃てるショットガン。連射速度が速く、命中させやすい。

マスティフ

SG 一発のダメージが非常に強力。近接戦闘でも落ちついて狙おう。

クリプトへの対策

ドローンを壊そう

クリプトを相手にした上で一番厄介なのがドローンの存在。逆に言えばドローンがなければ、ただの一般人になるので、積極的にドローンを破壊してクリプトを無力化させよう。

EMPに備えておこう

熟練のクリプトによるEMPを回避するのはなかなかに難しい。今回はEMPをくらった後のリカバリーについていくつか紹介する。

アーマーを脱いでおくのも手

アーマーを地面においてから数秒経過すると、EMPを発動されてもダメージが入らないようになる。
近くにクリプトの存在を確認した時、その場が安全ならアーマーを脱いでおくのも一つの作戦だ。

足音をよく聞いて回復の判断を

EMPの直後は相手チームが突撃してきやすい。そんな時は無理に回復をせず、カウンターに回るのも効果的だ。足音を聞いて、敵の近さを判断。距離感に応じて回復の有無を判断しよう。

コースティックのガスで遅延させよう

EMPに当てられたガストラップは破壊されてしまう。しかし、起動後のガストラップはEMPをあてられてもその場にとどまり続ける仕様があるため、EMPの予兆を感じたときはガストラップを起動することで相手の侵攻をある程度抑制することができる。

ドローンがいるということは…?

浮遊するドローンを発見した際は、そこから200m以内のどこかに無防備なクリプトが潜んでいるということになる。もし孤立した本体を見つけられたなら、ありがたく1キル頂戴しよう。

クリプトのプロフィール・ストーリー紹介

本名 パク・テジュン
年齢 31
帰るべき世界 ガイア

公式サイトより引用

ストーリー紹介

機密事項を探らせたら、クリプトの右に出る者はいない。優れた暗号解読能力を持つ敏腕ハッカーとして、Apexアリーナでは飛行ドローンを操りながら姿を隠して敵の動向を偵察する。一方で彼もまた秘密を抱えている。本名はパク・テジュン。殺人犯という濡衣を着せた真犯人を見つけるために、Apexゲームに参戦した。テジュンは孤児だったが、血縁はなくとも肉親として育ったミラ・アレクサンダーとともに、マーシナリー・シンジケートのコンピューター技師となることで劣悪な環境を脱出した。ある日、2人はApexゲームのコンピュータシステムに隠されたアルゴリズムを偶然発見する。あらゆるApexゲームの結果を予測できるという代物だった。それはすぐに悪人たちの目を惹き、翌日ミラの姿が忽然と消えてしまう。殺人犯として濡衣を着せられたテジュンは、身を隠しながら逃避行するよりほかになかった。テジュンは潔白を証明するためにゲームへの参戦を決める。まるで強烈なスポットライトの下に身を置き、自身の影を消そうとするかのように。

公式サイトより引用

クリプトのスキン紹介

以下の記事でクリプトのバトルパスやイベント限定スキン、レジェンダリースキンなどを紹介しています。

その他キャラの立ち回り

APEX Legends の基本情報

ハード PC
発売日 20190204
価格 基本無料
メーカー エレクトロニック・アーツ
プレイ人数 1人
公式サイト 公式サイトはこちら
×