おすすめ記事
  • ニュース
  • 攻略
  • PS4
  • Switch
  • PC

【APEX】APEXモバイル|スマホ版の新要素&PC/CS版との違いを紹介

スマホ版「Apex Legends」である「Apex Legends Mobile(エーペックスレジェンズモバイル)」の新要素、およびPC版/CS版との違いについてまとめています。

APEXモバイルでの新要素

FPP(一人称視点)・TPP(三人称視点)切り替えボタン

今作ではFPPとTPPを切り替えられる専用のボタンが実装された。PC/CS版では、イベント期間のみTPPで遊べた過去はあるが、恒常的に視点切り替えが可能になるのは今作が初。
APEXは基本FPPのゲームだった。しかし、他のスマホ版バトルロワイヤルをプレイしたことのある方にはTPPがなじみ深いだろう。自分の好きな視点でプレイできるのは非常に魅力的だ。

パークシステム

プレイヤーごとにキャラ性能の差別化が図れる「パーク」システムが実装された。

キャラの性能をカスタマイズできる新要素で、取れる戦略の幅が大きく広がりそうだ。

↓詳しくはこちらの記事で↓

新モード「チームデスマッチ」

バトルロイヤルモード、アリーナモードに引き続き今作から新しく「チームデスマッチ」が実装された。本モードは6対6のPvPモードで、倒されても復活できる珍しいゲームモードになっている。

↓詳しくはこちらの記事で↓

射撃訓練場が豪華に

もともと実装されていた射撃訓練場だが、今作では設備が大幅に改善。訓練に非常に効果的なモードになっている。

射撃場の坂を下ると、様々な設定を行える電子パネルが配置されている。それにアクションすることで、実践的な射撃訓練や、武器のカスタマイズが簡単に行えるようになった。有効活用して効率よく上達しよう。

プロフィールカード

プロフィールの表示形態が変わった。
PC/CS版ではバナーカードが表示されるのみだったが、今作では

プレイヤーネーム
アイコン
現在のランク
通算最高ランク
通算K/D(ランクマッチ)
通算平均ダメージ(ランクマッチ)
解放されているレジェンドの数
所持しているレジェンドスキン
所持している武器スキン
使用頻度の高いレジェンドTOP3

これらの情報が公開される。
自分だけのプロフィールカードを作り上げよう。

武器データベース実装

リコイルパターンやダメージ量など、非常にマニアックなデータの確認が可能。
使い方次第ではプレイヤースキルの大幅な向上につながる可能性もある。
自分の好きな武器のデータなど、一度は見に行くのも良いだろう。

その他・PC/CS版との違い

カジュアルマッチでマップが選べるように

今作はプレイするモードを選ぶ際、同時にプレイするマップも選べる。今までは時間制でのローテーションだったが、今回は苦手なマップを無理にプレイする必要がなくなった。精神衛生上非常にありがたい要素の一つだ。

ドロップシップから地名が確認可能

ドロップシップ内から着地するまで、マップ各地の地名が表示される。地名忘れのコミュニケーションエラーが起こりづらくなるのはありがたい。
「地名がそもそもわからない」そんな始めたてのプレイヤーにも優しい設計となっている。

旧マップが遊べる

ワールズエッジのデザインが実装当初のシーズン3のものと一致している。
遠い記憶の旧マップを改めてプレイできるのも非常に感慨深い。

各種武器に調整が

PC/CS版と比べ、モバイル版のほうがマガジンサイズが大きい傾向にある。
エイムアシストが強い今作では、中距離のアサルトライフルが非常に怖い存在になりそうだ。

バトルパス形態

今作も変わらずバトルパスが実装されている。しかし、最大レベルは60レベルと少し小規模。

バトルパスの期間は約二か月でローテーションするため、そこの期間を考慮したスケールダウンなのかもしれない。

新スキン実装

PC/CS版で未実装のスキンがいくつか実装されている。入手方法はバトルパスや課金による購入などまちまち。デザインはどれも秀逸で今後のスキンにも期待が高まる。

アイテム自動回収ボタン実装

アイテム欄上部に出るボタンを切り替えると、必要なアイテムを自動で回収してくれるようになる。

アイテム確保を動きながらできるようになり、PC版でキーボード&マウスを使うユーザーと遜色無い動きが可能だ。

 

APEX Legends の基本情報

ハード PC
発売日 20190204
価格 基本無料
メーカー エレクトロニック・アーツ
プレイ人数 1人
公式サイト 公式サイトはこちら
×