おすすめ記事
  • 攻略
  • PS4
  • Switch
  • PC

【APEX】ニューキャッスルの立ち回り・武器構成|スキン一覧と入手法

APEX Legends(エーペックスレジェンズ)シーズン13より実装されるニューキャッスルのスキルや立ち回り、おすすめ武器構成について紹介しています。

ニューキャッスルの評価と特徴

総合評価
難易度 役割 ヒットボックス
普通 後衛 大きい

唯一の完全防御特化キャラ

スキルのすべてが防御面に特化した完全防御型のレジェンドだ。ライフラインのリバイブシールドや、ランパートの増幅バリケードを想起させるスキルを使用する。競合枠であるランパートやジブラルタルといった防衛キャラとの差別化が重要になる。

ジブラルタルとの差別化

今まで防御型のレジェンドとして主に扱われてきたのはジブラルタルだ。使い勝手の良いドームや、敵の移動を強制させられるアルティメットなど、ジブラルタルの評価は極めて高い。しかし「戦術アビリティの回転率」「アルティメット使用時の機動力の高さ」「蘇生の通しやすさ」といった点で、ニューキャッスルを採用する価値は十分にあると考えられる。

ニューキャッスルの強化・弱体化の履歴

反映日 調整内容 詳細
なし なし 現在実施された強化・弱体化はありません。

ニューキャッスルのスキル・アビリティ

スキル 効果

傷兵警護

パッシブ

倒れた味方を引きずりながら蘇生し、自分のリバイブシールドで守り通せ。

モバイルプロテクター

戦術アビリティ

操作可能なドローンを投げると、移動エネルギーシールドを生成する。

キャッスルウォール

アルティメット(ウルト)

味方か標的のエリアにジャンプして突撃し、要塞化された砦を築き上げよう。

パッシブ:傷兵警護

シールドを展開しながらダウンした味方を移動させることができる。この時展開されるシールドは、ニューキャッスルが所持するノックダウンシールドのレベルに応じて強化される。強いノックダウンシールドを見つけたら優先的にニューキャッスルに渡しておこう。

戦術アビリティ:モバイルプロテクター

耐久値 350
クールタイム 15秒

シールドを展開できる可動式のドローンを出す。効果時間中は1~2人が収まる程度の半円状のシールドが展開される。耐久値が上下それぞれに設定されており、350を超えるダメージを受けると破壊される。向きや場所の微調整が可能で、ジブラルタルのドームと比べて小回りが利くのが魅力。

アルティメット:キャッスルウォール

耐久値 750
クールタイム 120秒

指定した地点に飛び込んだ後、前方からの攻撃を防ぐ障壁を作り出す。味方を指定した場合の最大移動距離は70m、それ以外は35mの飛行が可能だ。

設置直後はワットソンのアビリティのように電流が流れており、触れた敵にスロウ効果を付与する。

ニューキャッスルの立ち回り

常に味方をカバーできる位置にいよう

ニューキャッスルは攻撃スキルを一切持っていない。あくまでも、蘇生や遮蔽物生成などの防御面に特化したレジェンドだ。前線で一人で戦うよりも、味方と連携をとることでフルのパフォーマンスを発揮できる。

味方のダウンには迷わず蘇生を

戦術アビリティとパッシブアビリティを合わせることで大抵の蘇生は成功する。もし味方がダウンしてしまった場合でも、最速蘇生で人数不利の状況を作らないよう尽力しよう。

アルティメットは打開に使え

アルティメットを使うことで、遮蔽物のない最終安置や位置的な圧倒的不利などの「詰み」のシチュエーションを打開することが可能。敵の位置や味方の位置を確認したうえで、アルティメットの発動タイミングを見極めよう。

おすすめ武器構成

ショットガン+アサルトライフル

ジブラルタルと同様に、自分で遮蔽物を生成できるニューキャッスル。遮蔽物を生かした近距離戦闘を勝ち切るためにも、ショットガンはぜひ持っておこう。

アルティメットを使用することで、強いポジションへの強引な移動も可能。ポジション優位を守り切るためにも、アサルトライフルは効果的だ。

おすすめのアサルトライフル

武器 特徴

R301
反動が少なくリコイル制御しやすいのが特徴。どの距離でも扱いやすい。癖が少なく初心者にも使いやすい武器。

フラットライン
リコイルコントロールがやや難しく、遠距離での打ち合いは慣れが必要。しかし、一発のダメージの高さと弾数の多さから、近中距離では無類の強さを発揮する。

おすすめのショットガン

武器 特徴

ピースキーパー
一発のダメージが大きく、遮蔽をうまく使うことで一方的に相手を倒すことが可能。レートが遅いため、扱うには多少の慣れが必要。

EVA-8
ダメージは低いものの、弾数と連射力でごり押せるショットガン。良くも悪くも安定している武器なので比較的扱いやすい。

ニューキャッスルへの対策

グレネードや空爆で追い詰めろ

ジブラルタルのドームと違い、ニューキャッスルの守れる範囲は一方向のみ。高低差を絡めた攻撃や、多角的なグレネード等の攻撃は防ぎきれない可能性が高い。たてこもるニューキャッスルの背後にグレネードを投げ込み、逃げ道をつぶして一気に攻め切ろう。

できる限り確殺をとろう

ニューキャッスルのいるパーティと対面するうえで最も厄介なのが、パッシブアビリティをフルに生かした蘇生ループ。シールド展開によって、正面から相手の蘇生を咎めるのはなかなかに難しい。ダウンした敵メンバーの確殺をとっておくことで、終盤の戦闘が無駄に長引かずに済む。

ウルト直後に集中砲火を

ニューキャッスルのウルトは単独で飛びこんでくる形が多い。敵パーティメンバーの位置を確認したうえで、孤立しているようなら集中砲火で一気に倒し切ってしまおう。

ニューキャッスルのスキン一覧・入手法

スキン 現在入手 入手法
準備中 準備中 準備中
×