ダイの大冒険-魂の絆-

  • 攻略
  • スマホ

【DQダイの大冒険-魂の絆-】ダイの大冒険の世界を冒険する縦スクロールRPGをプレイレビュー!評価や評判を徹底解説!

DQダイの大冒険-魂の絆-とは?



DQダイの大冒険-魂の絆-は、DQ(ドラゴンクエスト)シリーズ・FF(ファイナルファンタジー)シリーズで有名なスクエアエニックスとゲーム製作会社DeNAによって作られたアクションRPGです。1980年代から1990年代まで週刊少年ジャンプに連載されていた、ダイの大冒険の世界を舞台としています。
物語はダイ達のいる世界の裏世界ミラドシアで、絆の勇者である主人公が目覚めるところから始まります。絆の勇者はその名の通り、絆を結んだ人物を召喚できる特殊な勇者です。プレイヤーは『ダイの大冒険』の物語を進め、絆を結んだキャラ達と共に冒険を進めていきますよ。

バトル形式はシンプルな3レーンの縦スクロールアクションバトルです。プレイヤーは画面下から上に向かって進んでいきます。その先で敵がウェーブ制で待ち構えていますよ。アクション操作はタップとフリックだけの簡単システム。通常攻撃は自動展開してくれるのでプレイヤーが行うのは移動とスキル・奥義の発動のみです。
ストーリーを進めていくと進行に合わせて新しい仲間キャラがパーティに参戦。原作キャラは2020年版アニメの声優が担当しており、アニメを忠実に再現しています。3Dグラフィックで描かれるバトル演出では、各キャラの細かいアクションから必殺技までゲームの中で体感できるのも見どころの1つです。
戦場を駆け抜けながら臨場感あふれるアクションバトルを体感。原作ストーリーを追走しながら迫力のバトルが堪能できる3レーン縦スクロールアクションRPG作品です。

DQダイの大冒険-魂の絆-の魅力

3レーンで展開する爽快アクションバトルシステム

バトルでは横3列を自由に移動して戦う縦スクロールバトルが展開。3つのレーンを左右に移動しつつ、画面下から上に向かってキャラ達が駆け抜けていきます。画面上からは行く手を阻む敵がウェーブ制で接近。目の前の敵を倒しながら突き進むので、まさに戦場を駆け抜けるような臨場感にあふれています。
操作は片手でできる簡単仕様で、フリックを使って上下左右に移動し長押しでガード。クールタイムが終わっているのであればスキルボタンタップでスキル発動です。通常攻撃は各キャラの感覚で自動的に行うので操作する必要はありません。
特に注目したい操作はフリック、敵に接近している時にタイミングよく下に下がると敵の攻撃を回避できます。逆に上フリックで敵に急接近も可能で、上下の使い方次第で激しいアクションをこなせますよ。

さらにボス戦のような強敵とのバトルでは、敵の体制を崩すブレイクシステムを完備。敵がスキルを発動した際に、タイミングよくスキルをぶつけることでノックバックが可能です。ノックバックの拍子に敵が壁にぶつかれば気絶を付与。一定時間、敵の攻撃を受けることなく攻撃ができるようになります。一瞬のスキを狙って戦う白熱バトルが面白いです。
指一本でできる操作設計に対して細かいアクションが盛沢山。暇つぶしでプレイできる範囲のバトルシステムなのがさらに魅力的です。

パーティ編成と装備で攻略の幅が広がる

パーティのメンバーや装備によって戦闘スタイルが大きく変化していきます。まず、パーティには物語で出会い絆を結んだダイやポップを編成可能。仲間になっていれば自由に組むことができるので自分好みのパーティを作り上げられます。これはファンとしてうれしい機能ですね。

さらに装備を変更することで各キャラのステータスが向上。キャラのレベルとは別に装備を活用してステータスを底上げできます。キャラに付ける装備によってステータスが変化していくので、自分だけのキャラ育成が可能です。装備と合わせてスキルの変更も可能となっており、入手したスキルで各キャラをカスタム。オリジナルの戦闘スタイルが構築可能です。
ただし、キャラによって使える装備が限られているのがネック。主人公ももちろん職業によって使える装備が限られているので要注意です。使用できるキャラと限られた装備でいかに攻略を進めていくかの戦略性が楽しめますよ。

絆の勇者は転職で4つの職業に変身

主人公である絆の勇者は初期の時点で4つの職業へと自由に転職できます。プレイ開始時は勇者ですが、チュートリアルを終えると勇者・戦士・魔法使い・僧侶の4つの職業に自由に転職可能です。入手した装備に合わせて転職していくことで戦いやすい環境作りができますよ。

職業によって使える装備や得意な立ち回りは大きく変わっていくため、パーティ編成の幅が広がります。勇者であれば攻守ともにバランスがよく、戦士や魔法使いであれば火力キャラへと様変わり。味方キャラのサポートに徹底大使場合は僧侶に転職することで、味方への支援が得意になります。
ただ残念なことに他の職業とはレベルが別扱いになっており、職業ごとの特技は別の職業では使えません。リリース時点は職業が4つまでですが、今後の更新次第で増えていくことに期待ですね。

ボードで各キャラの性能アップ

物語を進めることで解放されるボードでは、各キャラと主人公の潜在能力を解放できます。レベルアップで上昇するステータスとは別で、ボードを解放していくことで特定のステータスが加算されていきますよ。解放していく過程でキャラの戦闘スタイルが確立されていくので、クエスト進行が楽になっていきます。
さらに主人公は職業別のボードを完備。どれから進めていくかによってゲームの進め方が変わってくるのでやり込みがいがあります。最初は勇者や戦士などHPが多めの職業で進めていくのがおすすめです。

ダイの大冒険の世界を堪能できる

今作最大の魅力は、ダイの大冒険の世界を手軽に体感できることですね。原作でもお馴染みのキャラ達と共に冒険するので、まるで自分もそこにいるかのように感じられます。声優は2020年版のアニメ声優の方々を起用しており、ストーリーから戦闘までアニメで登場した名セリフを再現していますよ。漫画やアニメで見たあの数々の技が忠実に再現されているのも見どころです。

さらにミラドシアというゲームオリジナル要素が加わったことで、物語の展開が原作から変化。アプリゲームだけのもう1つのダイの大冒険を見ることができます。2つの世界を同時進行していくクエストが本格的。物語の裏で何が起こっているのか楽しみながら進められます。2つの世界が織りなす新たな物語に要注目ですよ。

DQダイの大冒険-魂の絆-の不満点と注意点

装備の強化範囲が狭い

DQダイの大冒険-魂の絆-では、各キャラに装備を持たせることでステータスの上乗せを行います。装備はもちろん強化や進化で性能をアップできるのですが、その強化範囲が非常に狭くなっています。よくある育成要素でいえばレベル50前後が上限であってもおかしくありません。ですが、DQダイの大冒険-魂の絆-では初期の上限がレベル15と非常に低めです。育成機能でレベル上限を上げることができますが、進化で同じ装備を消費して解放する必要があります。
この装備システムに関しては今後、進化用の代替アイテムが出る可能性がありますね。レア度が高いほど同じ装備を当てるのは難しいので、高レア装備の育成に関しては今後の更新に期待ですね。

オート機能が微妙な場面がある

クエスト中、画面右上にあるオートボタンをオンにすると、通常攻撃以外の行動も自動で行ってくれます。非常にお手軽なので片手間でのプレイに便利ですが、時折オートの行動が微妙な場面があります。特に難易度が上がって一気に3レーン全部から敵が迫ってくる時が微妙です。1レーン分の敵を倒すまでは良いのですが、別のレーンに移動せずにそのままその場で通常攻撃を続けます。通常攻撃は1レーン分の攻撃が基本なので、他レーンの敵には攻撃が届きません。パーティメンバーがいるので全く倒せないわけではありませんが、なるべく敵がいないレーンでの攻撃行動が今後減ってくれることを願うばかりです。

DQダイの大冒険-魂の絆-はこんな人におすすめ

・漫画やアニメのダイの大冒険が好きな人
・片手操作で楽しめるアクションRPGがプレイしたい人
・すきま時間の暇つぶしが欲しい人

DQダイの大冒険-魂の絆-の基本情報

ジャンル 縦スクロールアクションRPG
プレイ人数 1人
ハード Android、iOS
リリース日 2021年9月28日
価格 基本無料、アプリ内課金有り