東方ダンマクカグラ

  • 攻略
  • スマホ

【東方ダンマクカグラ】プレイレビュー!東方project公認リズムゲームの面白い点や評価を徹底解説

東方ダンマクカグラとは?

東方ダンマクカグラは、大手エンタメ企業のDeNAと東方projectを世界に発信することを目的とした集団・アンノウンXによるリズムアクションゲームです。アンノウンXは東方project原作者であるZUNさんが命名していることから、原作公認サークルという感じですね。ちなみに原作のZUNさんの個人サークルは上海アリス幻樂団です。
物語は人と妖と神が共存する幻想郷だった空間にプレイヤーが迷い込むところから始まります。幻想郷最古で最強の妖怪・八雲紫に導かれ、邪悪な存在ユメミタマをダンマクカグラで浄化。集めたエネルギーで新たな幻想郷を構築していきます。プレイヤーが創っていく新しい幻想郷では、住人達の新たな物語が展開。過去作品のストーリーを紡ぎながら進行するオリジナルストーリーが見どころです。

基本はリズムゲームですが、そこにボスキャラとのバトル要素を加えたリズムアクションとなっています。各楽曲のテーマとなっているキャラをボスとして、リズムゲームでスコアを稼ぎつつ攻撃。落ちてくるノーツの中に攻撃を行うアタックノーツが含まれる形になっているので、リズムゲームを楽しむだけで戦えるシンプルで斬新なシステムです。
登場する東方projectキャラは40名以上。今までの東方作品の中から主要なキャラが多数登場します。さらに楽曲はキャラのテーマ曲を東方が好きなサークルがアレンジしており、キャラの個性を表現した歌詞と編曲により独特で爽快な曲が堪能できます。中にはプロのアーティストによるアレンジ楽曲も有り、目が離せないならぬ耳が離せませんよ。著名な東方ファンのイラストレーターによって描かれるキャライラストにも要注目です。
楽曲演奏にキャラとのバトル要素を盛り込んだ新感覚ゲームシステムが魅力的。東方projectファン必見のリズムゲーム作品です。

東方ダンマクカグラの魅力4選

バトルとシューティングを加えた新感覚リズムゲーム

東方ダンマクカグラは、アレンジした東方楽曲でリズムゲームをプレイします。ただし、ただリズムゲームをプレイするだけではなく、演奏中は東方キャラ1人をボスとしてバトルが展開。降ってくるノーツのうち、赤いマークがついたアタックノーツをコンボすることで自動的に攻撃アクションが行われます。敵を攻撃する過程で演奏の邪魔になることが無いシステムとなっているので、リズムゲームを楽しみながらバトルも堪能できるのが魅力です。

さらに楽曲によってはボスへの攻撃を行うボスアタックパートが変化。通常はアタックパートになると、全てのノーツがアタックノーツになりコンボすると攻撃。打って変わって黒枠表示の楽曲では、アタックパートで画面がシューティングゲーム形式へ。画面下のヒロインキャラを左右に動かすことでボスを攻撃しながら降ってくる点や攻撃力アップアイテムを回収し、ボスに大ダメージを与えられます。
自然な形でリズムゲームにバトルやシューティングゲーム要素を加えているのが独特。特にシューティングゲームに変わる楽曲では、形式が変わる瞬間に数秒あるので操作が切り替えやすくなっています。これまでアプリのリズムゲームをプレイしてきた方にとっては、まさに新感覚のゲームシステムでしょう。
ちなみに、リズムゲームでの報酬を増やすスタミナの「やるき」はありますが、「やるき」が0になってもリズムゲームをプレイ可能。あくまで報酬や経験値を増やす役割なので、「やるき」が無くなっても好きなだけ楽しめるのも良いですね。

ヒロインとミタマのシンプルな育成要素

リズムゲームのスコアの決め手となるのはヒロインキャラとミタマの2種類です。ヒロインの役割は、編成したミタマの性能強化とリズムゲームでのライフとボスへの攻撃力です。専用のピースや万能ピースを使うことで簡単に強化・育成できます。ステ振りのような細かい操作は必要ないので、好きなキャラを好きなように育てられるシンプルなシステム。解放するキャラはピースさえあれば自由に選べるので、好きなキャラから優先して育成できますよ。


ミタマはパーティの戦力と各属性値、演奏やお出かけでのスキルを担当。経験値アイテムの鈴を使ったり演奏したりすることでレベルが上がりステータスが上昇します。属性値やスキルが演奏のスコアに関連しているので、リズムゲームでスコアを稼げるか否かはミタマ次第ですね。ヒロインとは違ってレベル上限の解放が必要ですが、鈴を使えばサクサクとステータスが上昇します。
ヒロインとミタマの両方をそろえていく必要があるもののその育成はシンプル。それぞれ強化や育成で簡単に強く育てることができるので、その分リズムゲームに集中しやすいですね。

幻想郷を自分の手で再構築

プレイヤーはリズムゲームで集めたエネルギーとおでかけで集めた専用素材を使って、幻想郷をハコニワという形で再構築できます。幻想郷に元々あった博麗神社や紅魔館を1つのスポットとして、1つずつ再構築。スポットを復興するほど幻想郷の新たな物語が展開していきます。さらに復興の進行度に合わせてスポットに訪れるキャラが追加。最初は霊夢や魔理沙といった主要キャラのみですが、スポットごとに訪問キャラが解放されていきます。

さらにマイスペース機能が解放されると、自分だけのスポット作成が可能。好きなスポットテーマや解放したオブジェクトを使って、オリジナルの幻想郷の風景を作ることができます。キャラ配置も思うがまま、自分だけのスポット作りがとことん楽しめますよ。
復興に使う素材はヒロインキャラのおでかけで集めるようになっており、おでかけから帰ってくるまでに一定時間かかります。その時間の間リズムゲームを楽しむという感じですね。セットしたヒロインやミタマによっては追加報酬が発生することもあり、キャラ育成とも密接な機能です。
新たな幻想郷を楽しめるだけでなく、キャラ育成まで進むのでまさに一石二鳥な機能。進めれば進めるほど、東方ダンマクカグラの面白さが増していきます。

40名以上の東方キャラが登場

数多くの東方projectキャラの中でも主要な博麗霊夢、霧雨魔理沙をはじめとした歴代人気キャラ40名以上が登場。ヒロインやミタマとしてプレイヤーの補助を行ってくれます。リズムゲームでは原作ゲームさながらボスとして立ちふさがりますが、仲間になると心強いです。
さらにプレイし続けることで使用しているヒロインキャラのナカヨシPtが溜まっていきます。ナカヨシPtを溜めてキャラ同士の絆を深めれば、特別キャラエピソードが解放。プレイすればするほど東方ダンマクカグラだけの特別エピソードが見られるのは、東方ファンにとって見逃せないやり込み要素でしょう。

サークルやプロのアーティストによるアレンジ楽曲

東方ダンマクカグラで登場する楽曲は、東方projectが好きなファンサークルによって手掛けられたアレンジ楽曲です。プロのアーティストでもあり同人音楽ユニットでもある岸田教団&THE明星ロケッツも参加。原作ゲームで登場したキャラのテーマBGMをアレンジしており、キャラの個性を強調した楽曲がそろっています。楽曲ごとに独特の世界観が描かれているのが斬新です。中には原作者のZUNさんが作成したBGM楽曲もあり、多種多様な楽曲を堪能できます。

登場楽曲はすべて原曲が東方projectの楽曲ですが、爽快でテンポの良い楽曲ばかりなので東方を知らない方も単なるリズムゲームとして十分楽しめますよ。何よりキャラの個性が強く奏でられたレトロ系ゲームのBGMだったということもあり、楽曲のリズムに懐かしさを感じました。ゲームセンターにあるリズムゲームをプレイしている感覚に近い印象ですね。

東方ダンマクカグラの不満点・注意点

時折ボタンが反応しなくなる

リズムゲームなどのプレイ環境については申し分ないです。ですが、時折設定や各メニューの「閉じる」ボタンが反応しない時があります。バックキーを使うことで閉じることはできますが、手間がかかるので少し難儀しますね。そのほかの操作はスムーズなので、これは今後の更新で修正される可能性があります。現状は設定を変えた時点で保存されるので、「閉じる」ボタンが使えなくとも大きな問題になることはありません。

データ無効化機能の扱いに要注意

東方ダンマクカグラではデータの扱いが少々特殊になっています。Googleアカウントやゲームセンターアカウントでの連携は他のアプリゲームと変わりません。ただ、アカウント設定の中に「データ無効化」というボタンが用意されています。これはリセマラを行う方に向けた機能の1つで、データ無効化を行うことで再インストールする必要もなく、データを消去できる便利機能です。
これを利用する上で気を付けておきたいのが、アカウント連携も切れてデータが全く復旧できなくなることです。再インストールであれば連携したアカウントやID・パスワードで復旧できます。しかし、データ無効化を利用すると一切の連携を強制解除、IDとパスワードも初期化されますよ。
間違えて残したいデータを無効化しないように注意してくださいね。一応データを無効化する前に注意事項が必ず表示されるので、よく読んでデータ無効化するか決めましょう。

東方ダンマクカグラはこんな人におすすめ

・リズムゲームが好きな人
・東方projectが好きな人
・新感覚のリズムゲームシステムを楽しみたい人
・ハコニワ育成が好きな人

東方ダンマクカグラの基本情報

ジャンル リズムゲーム
プレイ人数 1人
ハード Android、iOS
リリース日 2021年8月4日
価格 基本無料、アプリ内課金有り