DEEMO2
  • 攻略
  • スマホ

【DEEMOⅡ】レビュー!前作ファンの評価は?音楽が世界を変えるリズムゲーム

DEEMOⅡとは?

DEEMOⅡは、海外のゲーム会社Rayarkが手掛ける人気ゲーム「DEEMO」の続編にあたるリズムゲームです。ピアノを基本とした楽器で奏でる温かみのある音楽と、演奏するようなリズムゲームシステムで物語を彩っているのが特徴的。Rayarkが設立10周年になるとのことで、今作は10周年記念作品として登場しています。
物語の舞台は偉大なる魔法使いが音楽によって創り出した不思議な世界。魔法使いが去って幾年月、世界は虚空の雨によって覆われ終わりを迎えつつありました。そんな中、生き残った者たちが集まる廃墟になった駅ではピアノで演奏を行い、晴れを取り戻そうとします。存在が1度消えかけ魔法使いに助けられたという少女エコーは、魔法使いが残した守護霊「DEEMO」と共に世界を元に戻すことができるのでしょうか。

リズムゲームは前作「DEEMO」と同じシステムを採用しており、ピアノで演奏するような操作感覚が魅力的です。操作方法がシンプルなので親指だけの2本指操作でも十分プレイできるのが良いですね。ライフシステムはなく、タイミングが合っているか否かなので基本の演奏ではゲームオーバーにはなりません。
演奏外では少女エコーを操作してフィールド探索が可能です。最初は行ける場所が限られていますが、物語が進むにつれて新しいマップが解放されていきます。カメラが定点になっているのが少々残念ですが、専用のビューポイントに行くことで風景の細かい部分を見ることができますよ。隠されたフィールドギミックも完備。リズムゲームに引けを取らない謎解き要素が多数用意されているので、謎解きゲームとしても面白いです。
滅びゆく世界を救うため偉大なる魔法使いは現れるのか。美しい音楽と世界が織りなすハートフルリズムゲーム作品です。

プレイレビュー:DEEMOⅡの魅力

以下より、実際にプレイしてみてのDEEMOⅡの魅力をお伝えします。

ピアノで奏でるようなリズムゲーム

物語の中心に登場するピアノをモチーフにしたリズムゲームシステムが展開。プレイヤーはピアノの奏者としてリズムゲームをプレイするため、リズムゲームの仕様はまるでピアノで奏でるようになっています。ノーツ操作に合わせて音楽が奏でられるようになっているので本格的。

リズムゲームといえば、敷かれたレールに合わせてノーツが降ってくるのが定番ですが、DEEMOⅡではレールがありません。画面全体が譜面扱いとなっているので操作箇所はノーツ次第です。操作はタップ・長押し・スライドの3種類のみ、まるでピアノを弾くような操作になっています。フリックのような判定が難しい操作が無いので、リズムゲーム初心者の方にもおすすめです。
ちなみにノーツやタップタイミングを細かく設定できるようになっています。微妙なズレも自分に合わせて調節できるので安心してプレイできますよ。BGMやキー音量までカスタムできるのはありがたいですね。

美しく描かれるフィールドを自由に探索

今作では主人公の少女エコーとして、美麗イラストのような世界を自由に探索可能です。演奏して駅の修理を進めていくことで、新たに行けるマップが解放されますよ。自分の足で進むことも、マップ移動で目的地にすぐに行くこともできるため、リズムゲーム主体にしてはかなり自由度が高い探索要素となっています。

探索中は駅にいる人物たちと会話できるようになっています。たわいもない会話が多いですが、進行度に合わせて楽譜や謎解きギミックのヒントが入手可能です。謎を解いていくことで探索でしか入手できない新たな楽譜が手に入るので要注目です。さらにDEEMOⅡの世界について語られることもあり、その世界の知識に触れる機会もあります。物語の進行だけでは得られない世界の情報もあるので積極的に探索するのがおすすめです。特に謎解き要素はサブストーリー的要素も含まれているので、駅で起きたちょっとした事件を見ることもありますよ。
リズムゲームを主としていますが探索要素が濃厚、謎解きゲームとしても魅力的に仕上がっています。

集中力が無くとも演奏が可能

DEEMOⅡでは集中力システムを採用しています。集中力を消費して演奏を行うことで、物語を進めるための駅の修理進行度が多くもらえる機能です。最大10まで集中力を溜めておくことができ、楽曲を1つプレイするごとに1消費します。無くなった集中力はコーヒーを使うことで回復可能。もちろん時間がかかりますが、時間を空けることで自然回復もしますよ。

集中力は楽曲を演奏するために必要な印象が強いですが、実は集中力が無くとも演奏可能です。あくまで修理進行度を多くもらうためのブースト要素なので、演奏するためのスタミナではありません。修理速度を気にしないのであれば好きなだけ好きなように演奏を楽しめます。

イベントで特殊ルール楽曲がプレイ可能

通常は特にルールが設けられていないゲームオーバー無しの楽曲演奏が楽しめるのですが、イベントでは特殊ルールが発生。日ごとに解放されるミッションが用意されており、達成度やライフといったノルマが設定されています。ノルマを達成することでミッションがクリアできますよ。

ミッションに挑戦するには専用のチケットが必須。チケットは購入もできますが探索中のいたるところで見つけることができるので、探索で貯めておけばいつでも挑戦可能です。クリアするとポイントが手に入り、ポイントが一定数になると報酬がもらえます。お題や報酬内容はイベントごとに変わるので要注目です。
ちなみにミッションごとに楽曲も固定されているのですが、中には持っていない楽曲が含まれることもあります。持っていない楽曲を演奏する絶好のチャンスですね。

最終評価:独特な世界観に魅了される

DEEMOⅡは現実とはかけ離れた不思議な世界を描いています。美しい風景も魅力的ですが、何より登場する人物が多種多様。主人公のエコーや駅長は人間ですが、DEEMOは不思議な存在です。駅の他の住人も不思議な見た目をしているため、確実に現実とかけ離れた世界観が形成されています。
美しい風景と不思議な住人達、滅びゆく世界でありながらもどこか暖かい独特な世界観に胸打たれます。探索しているとどこか不思議な世界に迷い込んだ気分を堪能できますよ。

DEEMOⅡの不満点と注意点

と、ここまでの通り評価の高いタイトルとなりますが、不満が一切なかったわけではありません。

次より、不満点や注意点をレビューしていきます。

購入しないとプレイできない楽曲があるので注意

DEEMOⅡでは物語を進めたり探索したりすることで新たな楽曲が解放されていきます。ただし、一部の楽曲は購入しないと解放できない仕様です。だいたい50曲ほどは購入しないとプレイできません。そのためプレイ開始してから序盤のうちはプレイできる楽曲が非常に少ないのがネック。地道な探索と楽曲演奏によって新たな楽曲を入手する他、解放する方法がありません。
購入といえば課金という印象が強いのですが、実は課金せずとも時間をかければ購入可能な楽曲が多数あります。楽曲購入に必要な音石はミッションをコツコツ進めることで入手可能です。すぐに購入するのは厳しいですが、時間をかけて音石集めを進めていけば欲しい楽曲が手に入る可能性は十分です。序盤は探索や物語で入手できる曲を集めていくのが良いでしょう。

探索のカメラは固定されている

探索時のカメラワークは固定されており、定点カメラでエコーを中心に動くようになっています。プレイヤーが視点を切り替えることはできないため、場所によっては見えにくいこともしばしば。ズームイン・ズームアウトができないので、細かいところが見えにくいのがネックです。

とはいえ、フィールドにはいたるところにビューポイントという場所が設置されています。ビューポイントでは特定の風景をある程度自由に動かせるカメラで見ることが可能。細かいところまで見られるので、ビューポイントを見つけたら利用して背景鑑賞するのが良いですね。カメラに関しては今後も変わりなく定点カメラだと思われるので、鑑賞する場合はビューポイントを積極的に使っていくのがおすすめです。

DEEMOⅡがおすすめな人

・リズムゲームが好きな人
・DEEMOをプレイしたことがある人
・ゲームオリジナル楽曲での演奏を楽しみたい人
・ハートフルストーリーが好きな人

DEEMOⅡの基本情報

ジャンル リズムゲーム
プレイ人数 1人
ハード Android、iOS
リリース日 2022年1月13日
価格 基本無料、アプリ内課金有り
×