• ニュース
  • スマホ

【フラッシュパーティ】プレイレビュー!ライトゲーマーも楽しめるモバイル対戦格闘ゲームの面白い点を徹底解説!

フラッシュパーティは、海外のゲーム製作会社である「XD ENTERTAINMENT PTE. LTD.」が制作したモバイル対戦格闘ゲーム。2022年2月にリリースされた。

当記事では、フラッシュパーティを実際にプレイしてみて感じた「面白い点」や「評価」をお伝えしたいと思う。

フラッシュパーティはどんなゲーム?

フラッシュパーティは気軽に遊べる、基本無料のオンライン対戦格闘ゲームだ。一言で言い表すのであれば、任天堂の「大乱闘スマッシュブラザーズ」を思い浮かべてもらうといいだろう。

「格闘ゲーム」というと、敷居が高く感じるかもしれないが、このゲームではさまざまなモードが用意されている。ガチガチにランクを上げたい上級者だけでなく、ライトユーザーでも楽しめるつくりをしているので安心してほしい。

フラッシュパーティの面白い点

格闘ゲーム未プレイ者が、ゲームを始めるきっかけになるような、「ライトユーザー向けのモード」が複数用意されているのが、とても面白いと感じた。

具体的に面白いと思ったのは、以下のような内容だ。

  • コマンド入力が単純で遊びやすい
  • トレーニングモードで格闘ゲームの基礎が学べる
  • 「サッカー対決」など1on1以外の対戦モードがある

ではさっそく、フラッシュパーティの魅力を紹介していこう。

コマンド入力が単純で遊びやすい

▲使うボタンは少なめ

格闘ゲームは一般的に、「ストリートファイター」「ギルティギア」の波動拳コマンドのような、難しい操作が必要なように思えるが、フラッシュパーティでは難しいコマンド入力はいらない

フラッシュパーティでの攻撃方法は「通常」と「スペシャル」の2種類を使って行う。キー入力(上、右、下、左)と一緒に、通常・スペシャルの攻撃ボタンを押すだけで技が出せるので簡単だ。

トレーニングモードで格闘ゲームの基礎が学べる

▲初心者はトレーニングモードのクリア推奨

フラッシュパーティでは、初心者向けのチュートリアルモードが用意されている。格闘ゲームは作品によって使用感が異なるので、ゲームを始める際に一番最初にクリアしておくとよいだろう。

チュートリアルをある程度進めていくことで、格闘ゲームに必要な基礎をカバーすることが可能だ。

以下に、チュートリアルの内容を一部紹介する。

自由訓練

▲自由訓練はコンボの練習台として便利

「1on1訓練所」「リカバリー訓練所」といったモードで練習ができる。

用語解説:リカバリー

「復旧」という意味。一般的に格闘ゲームでは「復帰」といわれる。フラッシュパーティは、ステージ外に対戦相手を出すことが勝利条件。そのため、飛ばされた側は、空中ジャンプや上方向に移動する技を使ってステージに戻らなければならない。この「ステージに戻るための動作」を、フラッシュパーティではリカバリーという。

対戦チュートリアル

▲全キャラチュートリアルで操作感を試せるのは嬉しい要素

汎用テクニックやキャラごとのコマンド技、コンボなどを練習するモード。

お気に入りのキャラクターがみつかったら、そのキャラクターのチュートリアルをひととおりクリアしておくと、より楽しく対戦ができるだろう。

「サッカー対決」など1on1以外の対戦モードがある

▲1v1だけでなく、他のモードでも遊んでみよう

1対1の対戦が苦手な人向けのモードも用意されているのも面白い点。

対戦格闘ゲームは基本的に1対1でゲームをしていくのだが、ガチガチに相手を倒しにいく立ち回りが要求されるため、操作に慣れる前に「勝てなくてつまらない」と感じる初心者もいるだろう。

そういった人向けに、以下のようなモードが用意されている。

パーティ記録

▲サッカーボールにも%が用意されている

サッカーを楽しむことができる。ボールをゴールにシュートし、点数を取ることを目的としたゲーム。
2対2で戦うモードのため、気楽に遊べるのがいいところだ。

バトルロイヤル

▲バトルロイヤルでは左上にスコアが表示される

4人対戦のモード。チームは存在せず、それぞれが個人戦一定時間内にどれだけKOポイントを稼げたかで勝敗が決まる

対戦相手全員が敵なので、周りをよく見れば、おいしいところだけ持っていき勝利することも可能だ。

2v2

▲2v2では画面上部にチームの★数が表示される

2対2で対戦するモード。援護を中心に立ち回ったり、スペシャル攻撃で相手をKOするのを狙ったり、味方と協力して遊べる。

フラッシュパーティの惜しい点

さて、ここまで記事を読んで「いいところばっかりの神ゲーなの?」と感じた人もいるだろう。

しかしながら、ゲームをプレイしていて「惜しいな」と思うところもあったのも事実

フラッシュパーティをプレイしていて特に惜しいと思った点は、おもに以下の3つだ。

  • キャラクターのストーリーや背景が謎
  • 効果音が全体的に物足りない
  • 育成要素により同キャラ対戦で性能差が生まれる

それぞれ詳しく理由を述べていきたいと思う。

キャラクターのストーリーや背景が謎

▲キャラ入手時にも最低限の情報しか書かれていない

無駄を省いた結果だとは思うが、ストーリーやキャラクター背景が一切ないゲーム構成になってしまっているのが残念だ。キャラクターのモデリングがいいだけに、これらの要素がないのは本当に悔やまれる

格闘ゲーム界隈では、バックストーリーが好きだからそのゲームのキャラを使いを続ける、という人も多いため、ちょっとしたものでも今後実装されるとよいなと思った。

効果音が全体的に物足りない

▲ビジュアルはそれなりに派手だがSEが地味

対戦相手をKOする際のサウンドが物足りない。もう少し爽快感のあるSE(サウンドエフェクト)を使うとよかったのではと感じてしまった。

「ルミチェスト」「スターチェスト」からアイテムを手に入れた際のSEもちょっとしたものしかない。

細かい部分ではあるが、サウンドもゲームを盛り上げる要素のひとつなので、個々の作りこみがあればよりよい作品になったのではと思う

育成要素により同キャラ対戦で性能差が生まれる

▲格闘ゲームでのステータス要素は不公平感を与える原因ともいえる…

フラッシュパーティでは、育成要素が取り入れられており、同じキャラクターでも性能が異なるケースがあった

オンライン対戦格闘ゲームでは、課金や衣装による能力強化は行われないのが基本。なぜかというと、新規ユーザーがやりこみユーザーに勝てなくなってしまうからだ。

「たかが5%や10%の性能差ではないか?」と思う人もいるかもしれない。しかしながら、ガチでやりこめばやりこむほど、この数%の違いが勝敗に大きく左右してくるのを、ひしひしと実感させられる

育成機能による性能差が嫌だと思う人も、少なからずいたのではないだろうか。

フラッシュパーティはこんな人にオススメ

編集部が実際に遊んでみて、フラッシュパーティは以下のような人にオススメだと感じた。

基本無料のゲームなので、まずはスマホでダウンロードして遊んでみてほしいと思う。

  • 対戦格闘ゲームをこれから始めたいと思っている人
  • 友達と複数人でゲームをしたい人
  • 短時間でサクっと遊べるスマホゲームを探している人

ゲーム評価

総合評価
3.8  /5.0
キャクター ★★★ (3)
ストーリー  (1)
グラフィック ★★★★★ (5)
ゲーム性 ★★★★★ (5)
やりこみ度 ★★★★★ (5)
UI・操作性 ★★★★(4)
ライター:木村幸満
最後まで記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。さて、格闘ゲームというと、皆さんどのようなイメージがありますか?「鉄拳」「ストリートファイター」「ギルティギア」などのゲームが思い浮かんだのではないでしょうか。いずれも、キャラクターの多さ・コマンドの難しさ・コンボルートの暗記など、玄人向けのイメージがありますよね。一方、「フラッシュパーティ」は操作の難しさはあまりなく、ライトユーザー向けに作られいます。今はリリースしたばかりでキャラ数も少ないので、対戦格闘ゲームを敬遠していたという方にぜひ遊んでほしい作品だと思いました!

フラッシュパーティの基本情報

ハード スマホ
発売日 2022年2月17日
価格 基本無料(アプリ内課金あり)
メーカー XD ENTERTAINMENT PTE. LTD.
プレイ人数 1人
公式サイト 公式サイトはこちら