永遠の7日

  • 攻略
  • スマホ

【永遠の7日-終わりなき始まり(とわなな)】初心者におすすめのキャラクターと序盤からやっておきたいことまとめ

大幅リメイクされて帰ってきた永遠の7日-終わりなき始まり。前作からやっていた人も、今作から始めた人も、キャラクター数も多くどのキャラクターを使ったらいいか、序盤からでも使いやすいキャラクターはどれなのか気になりますよね。この記事では、序盤から活躍できるキャラクターや、やるべきことを紹介していきます。

永遠の7日-終わりなき始まりの初心者おすすめキャラ

永遠の7日-終わりなき始まりで初心者におすすめのキャラクターを紹介します。この中に気に入ったキャラクターがいたら、ぜひ編成に入れてみてください。

まず、永遠の7日-終わりなき始まりには「通常攻撃」「特別スキル」「触発スキル」「奥義」の4つの戦闘手段があります。通常攻撃はその名の通り、スキル以外の攻撃手段。特別スキルはいわゆるアクティブスキル、触発スキルはパッシブスキル、奥義は必殺技となっています。

序盤でアタッカーとヒーラーでおすすめのキャラクターを表にしました。

それぞれのキャラクターについてどのあたりがおすすめかを説明します。

アタッカー アミューサ
鐘函谷
アン
回復・支援 アントネーワ
セス
ジャーリヤ

アミューサ


アミューサはタロット占い師です。まず、衣装が可愛い!というのはおいといて、特別スキルでは、4秒間に28回攻撃が可能です。1回の威力は高くないですが、連続攻撃でダメージを与えます。そして、触発スキルは10秒毎に特別スキルへランダムで3種類から追加するという効果があります。ランダム効果は「スタン」「回復」「会心率アップ」の3種類でどれも強い効果なのでおすすめです。

鐘函谷


鐘函谷は付喪神を操り戦います。特別スキルでは付喪神を4体召喚し攻撃しをしかけ、付喪神が1体ずつ攻撃するので、合計4回の攻撃が可能です。鐘函谷のおすすめな点は、特別スキルで召喚した付喪神を使って、自分への攻撃ダメージを肩代わりしてくれるところです。ダメージが軽減されることで、初心者でも戦いやすいキャラクターとなっています。

アントネーワ


アントネーワは本作での重要人物です。回復支援として重宝するキャラクターです。特別スキルでは近くにいる敵を一番離れた場所までワープさせる緊急回避が使えます。自分や味方で、生命力が危ないキャラクターがいたら、近くにいって使うことで味方を救うことも可能です。触発スキルでは2秒以内に最大生命力の30%以上を削られると3秒間無敵になります。奥義が範囲内回復なので、奥義が溜まっていればピンチのときにも回復することが可能です。

セス


セスは生粋のヒーラーです。特別スキルは単体回復ですが、接触スキルの発動で回復量と同じだけのダメージを敵に与えることができます。奥義を使うことによって、攻撃力に依存したバリアを張ることができるため、全体の生命力管理というよりは、ピンチになったキャラクターを援護するといった立ち回りになります。

アン


アンは最初から仲間になっている、永遠の7日-終わりなき始まりのメインヒロインです。普段はメイドさんなので、メイド服を着ています。かわいい。アンは時を操ることができるのが特徴です。特別スキルでは範囲攻撃を行い、ダメージを受けた敵は一時的に攻撃速度が低下します。敵に囲まれたときは、特別スキルを使い鈍足にしている間に攻撃範囲外へ逃げることができます。触発スキルではスタン解除と、自己回復ができるため、とても戦いやすいのが特徴です。

ジャーリヤ


ジャーリヤは酒飲みなので、酒を操って戦います。攻撃力に依存した回復をし、味方を支援します。円などの範囲でもなく、単体でもなくはじけた酒の雫に当たった味方の回復という少々特殊なスキルですが遠距離からでも使えるのでおすすめです。奥義では一定期間内に味方が発動した奥義がクリティカルになるという効果を付与できるため、味方に攻撃奥義を持っている場合は併せて使うと味方のダメージを上乗せできます。また、Sランクなので入手しやすいので、序盤からおすすめできるキャラクターといえます。

永遠の7日-終わりなき始まりでやるべきこと

指揮使いのレベルを上げる


指揮使いとはプレイヤーのことです。指揮使いのレベルを上げることで、コンテンツの解放ができます。また、神器使い(キャラクター)のレベルは指揮使いより上回ることができないので、神器使いを強化するためにも、指揮使いレベルを上げることは必須です。指揮使いレベルは、放置してる画面の下部にある宝の山のようなアイテムをタップすることで、放置中の経験値を手に入れることができます。

神器使いの育成をする


神器使いは、キャラクターそのもののレベルアップ、スキルのレベルアップ、覚醒、神器の強化、好感といったさまざま項目を育成することができます。一見「好感」って親密度上げるだけのおまけ要素でしょ?と感じるかもしれませんが、好感を上げることで神器使いのステータスを上げることができるため、こちらも優先順位は低いですが、放置で手に入れたアイテムやゲームセンターで手に入れたアイテムがあれば使ってみましょう。

任務を遂行する


「戦闘」画面の「ヒント」というところをタップすると一番左に「任務」という項目があります。こちらは朝5時に内容が追加されるクエストとなっています。このクエストをクリアしていくことで、報酬としてオパールや、ガチャチケットなどがもらえます。新しいキャラクターのお迎えや、キャラクターの覚醒に必要なアイテムを手に入れるためにも、積極的に参加していきましょう。

大型黒門を攻撃する


大型黒門は、1日1回無料で2時間分の放置報酬を獲得できます。無料で獲得できるので、必ず攻撃しましょう。大型黒門は1日最大5回の攻撃が可能で、1回目が無料、残りはオパールを消費します。よっぽど急いでいるわけでなければ、無料の1回目だけ攻撃すればOKです。序盤は所持しているキャラクター数も少ないと思うので、オパールは初心者限定ガチャに使用することをおすすめします。

メインクエストを進める


永遠の7日-終わりなき始まりにはスタミナという概念がありません。いつでも好きなときに進められるようになっています。なので、スタミナがもったいないからとりあえず出陣~!ということもなく、しっかり育ててから連続でメインクエストを進めていくことも可能です。アリーナといったコンテンツもメインクエストを進めて解放する必要があるので、まずは2-15(2章)クリアを目指しましょう。

記憶をたどる


記憶とは、永遠の7日-終わりなき始まりのメインストーリーとなっているコンテンツです。マルチエンディングとなる本作は、メインクエストをクリアしていくことで、そのエンディングへのルートが解放されるという仕組みです。最初はアンルートのみ解放されていますが、こちらを進めるもよし、他に気になるストーリーがあればメインクエストを解放してから進めるもよしです。ただし、一度ルート選択をすると、ルートクリアするまでは変更できないので注意してください。

派遣をする


派遣をするとステージによって、アイテムやマニーなどが時間経過で手に入ります。派遣に活かせてしまえばあとは放置で構わないので、やっておいて損はありません。

アリーナ


アリーナでは対人戦で順位を競います。アリーナの報酬は多く、シーズンごと、毎日、1時間ごとにオパールや、指揮使いの育成に必要なアイテムも手に入るので、こちらもできるだけ順位を上げておいたほうが報酬が良くなります。

永遠の7日-終わりなき始まりの序盤の大まかな流れ

永遠の7日-終わりなき始まりは、スタミナ概念がありません。好きなタイミングで好きなだけ進めることができます。ひとつずつでも、まとめてでも自由です。そのため、スタミナがもったいない!ということは起こらないので、まずは放置しながらシステムを把握し、神器使いや指揮使いのレベルアップから始めることがおすすめです。好きなキャラでプレイして、キャラを変えたくなったらレベル転換して次のキャラを試すということも可能なため、どんどんキャラクターを使ってみて楽しんでください。