リネージュ2M

  • 攻略
  • スマホ
  • PC

【リネージュ2M】最強職業(クラス)ランキング!

「リネージュ2M」には数々の種族・職業が存在します。
しかし、その職業がどれだけ強いのかは気になるところ。自分が使っている職業が果たしてどれだけ活躍出来るか考える人も多いでしょう。

その様な人に向けて、本記事では記事執筆時点で総合的に強いと思われる職業をランキング形式で発表していきます。
この記事を参考にしつつ、自分のプレイスタイルと噛み合う職業を選んでみましょう。

 

用途や装備によって強さは入れ替わる

ランキングの発表の前に、リネージュ2Mの強さの注意点を述べたいと思います。
本ゲームの戦闘形式は主に「対雑魚戦」「対ボス戦」「対人戦」の3つに分けられています。
全て得意という職業は存在せず、どれかが強くても他の面では他職に劣るという場合が殆どです。

また、リネージュ2Mにおいて職業以上に重要なのが装備品です。
究極的に鍛えた武器や防具、あるいはレア度の高い装備をつければつけるほど戦闘力は飛躍的に上昇します。
しかしながら、そういった強力な装備を用意するには途方も無い時間をかけるか、大金を課金するかの2つの手段しかありません。
なので、今回は装備の点は考慮せず、無課金でもある程度揃えられる装備を持っている前提で本記事は執筆します。

その為、実際の戦闘能力はレベル・装備によっても大きく左右される点は留意する必要があります。

 

1位:オーブ

記事執筆時点で、最も強力な職業はオーブです。
この職業はいわゆるヒーラー職であり、かつ魔法職の為遠距離攻撃が可能です。

序盤では主に対雑魚戦が中心になり、同じ狩場にいる他のプレイヤーと敵の取り合いが多く発生します。
その際に、遠距離攻撃で素早く敵に触ることが出来る職業はそれだけで有利です。

また、自身のスキルで回復が行えるため回復薬の節約も可能。序盤は回復アイテムによるお金の消費も馬鹿にならないため、そういったアイテムを節約できるのも強みです。
さらに、回復スキルは自身だけではなく相手にも付与出来るので対ボス戦でのパーティや血盟メンバーとの協力プレイで重宝します。
バフをかけれるのもオーブの特徴ですので、オーブが一人いるだけでパーティの全体の戦闘能力が上がります。
そういった点もあり、パーティや血盟に入りやすいというのも大きな強みと言えるでしょう。

弱みとすれば、序盤の火力は弓やスタッフに劣ります。
しかし、中盤以降は「オーラフラッシュ」など火力スキルも習得出来、それらを使うことで狩りの効率も飛躍的に上昇します。
MPの回復アイテムと自然回復量を積み、アクティブスキルの定期使用時間を設定すれば効率良く、かつ24時間同じ狩場で狩りを行うことすら可能。
以上の点において、「対雑魚戦」「対ボス戦」ではオンリーワンの強みがあるということで1位と上げさせて頂きました。

なお、1対1での対人戦ではヒーラー職なので、そこまで強くありません。
自前のバフがあるとはいえ、近接職とまともに殴り合えるほどではないので、その点は割り切りましょう。

 

2位:スタッフ

2位は弓と悩みましたが、僅差でスタッフとしました。
理由としては、中盤以降の活躍の場が大きいという点です。

序盤はオーブや弓と同じ遠距離職のため、素早く敵に触れて攻撃出来ます。
しかしオーブと違い、スタッフは早い段階から範囲攻撃を行うスキルを習得します。
これらを使うことで、手動でプレイする前提であれば最大効率で雑魚の狩りを行えます。

また、中盤以降になれば「バトルヒール」と呼ばれる自身を回復するスキルも習得。
これにより、回復アイテムがなくとも自前のMPで回復出来るようになり、打たれ強さもアップします。

さらに、多種多様の属性魔法も習得出来るようになります。
ほぼ全てのモンスターには弱点が設定されており、弱点を付くことでさらに効率良く狩りを行えます。
範囲魔法も強力になり、複数の部位が存在するボスに対して一気に攻撃することが出来、ダメージを稼ぎやすいです。

ただし、闇雲に自動で魔法を使用する様に設定するとあっという間にMPが枯渇します。
範囲魔法で敵を巻き込み過ぎても、一気にモンスターに囲まれて倒されてしまうということも起こります。
その為、自動戦闘で狩りをする場合はスキルをしっかり設定しなければいけません。

総じて、自動戦闘での狩りより手動での戦闘時に最大の強さを発揮出来る職業と言えます。
手動時での火力効率は、全職業中間違いなくトップクラスです。

 

3位:弓

3位は2位と僅差の弓を推します。

弓は1位のオーブ、2位のスタッフと同様遠距離攻撃が行える点がまずメリットと言えます。
しかし、この2つの職業に比べて弓は射程距離が長く、より遠くの敵にも触れやすいのが前2職と違った弓だけの強みです。

さらに、弓はDEXの能力値を上昇させるのが基本になる為、命中力が大きく伸びていきます。
リネージュ2Mは敵の回避力がかなり高めに設定されており、命中力が低いと通常攻撃が当たらないという現象が良く発生します。
ですが、弓職はDEXを伸ばし続けることで命中力が高くなるので、適性レベルの狩場であれば攻撃がミスすることはほぼありません。
この点もオーブやスタッフには無い強みと言えます。

さらに、店で販売しているスキルには射程を伸ばすスキルや破壊力の高いアクティブスキルが用意されています。
それらを購入して自動使用するだけで、狩りの効率が上昇していきます。
最序盤から序盤だけで言えば、雑魚戦の狩りの最大効率は間違いなく弓と言えるでしょう。

中盤になると、弓は対単体に特化した能力をさらに伸ばしていくことになります。
敵1体に瞬間的なダメージを遠距離から与えることに特化していくようになり、敵が近寄る前に倒すというスタイルが主流になります。

そういったスタイルの関係上、オーブやスタッフと違い自身で回復するスキルを持ちません。
なので、接近されて攻撃するとその耐久力の無さが露呈してしまいます。複数の敵に囲まれるとあっという間にやられてしまうなんてことも。

また、弓は矢が無いと攻撃出来ません。矢自体はそこまで高いものではありませんが、買い忘れると一切の戦闘能力を失います。
そういった細かな点も少々面倒な点と言えます。

総じて言えるのは、1体1の雑魚戦においては最強クラス。ただし対人戦では接近されたら最後、まず押し負ける。
そんな性能の職業と言えるでしょう。

 

近接職であれば二刀流

現状、雑魚の狩りやボス狩りが中心である環境の為、近接職はどうしても一歩劣ってしまいます。
近接職そのものはPvP戦においては遠距離職より強いのですが、そのPvP戦がまだ主流になっていないのが現状。
そういった背景もあり、現在近接職は余り人気も強さも厳しい環境と言えます。

しかし、それでも近接職がやりたいという方には二刀流がオススメです。
最序盤こそ狩り効率は遠距離職に劣りますが、「ソニックレイジ」を取得することで攻撃射程を伸ばすことが可能。
取得後は中距離まで敵を攻撃出来る様になるため、他の近接職より狩り効率が上がります。

さらに希少スキル以上を取得すればするほど、その性能は爆発的に上昇していきます。
覚醒スキルを所有していれば、自身以外の仲間にもバフを配布出来るようになり、パーティ戦闘時の狩り効率を飛躍的に伸ばす役目もこなせるようになります。

ただし、二刀流のキャラはスキルに多く依存する為、スキルがない時には貧弱になりやすいです。
命中力も高くなく、スキルでの命中力上昇も望めないので、装備など補佐しないと攻撃が外れやすいのもデメリットです。

スキルと装備を揃えれば揃えるほど、強くなっていく職業。
それが二刀流です。

 

色んな職業をやるのもあり

リネージュ2Mはカードによって別の職業にいつでも転職出来ます。
その為、同じ職業をやり続けて飽きた、あるいは別の職業で遊んでみたいとなったら職業を変更するのも良いでしょう。

ただし、職業を変更すれば使える装備も異なりますし、成長したパラメーターはそのままです。
なので、装備は転職前の職業でしっかり稼いで用意する。
パラメーターはアイテムでリセット出来るので、改めて転職後用のパラメータを振り直しておくと良いです。

いずれにしても、自分の肌に合った職業を選び遊ぶことこそリネ―ジュ2Mを長く楽しむ、最大のコツだと思います。