二ノ国:Cross Worlds

  • 攻略
  • スマホ

【二ノ国: Cross Worlds】最強クラスランキング!

「二ノ国: Cross Worlds」は5つのクラスから選択してプレイすることが可能です。しかし、一見するとどのクラスが強いのかわからないと思う人は多いことでしょう。
そんな迷える皆さんに対し、本記事では記事執筆当時で強力なクラスについてお伝えしたいと思います。
この記事を参考に、自分に合ったプレイスタイルと照らし合わせてクラスを選択すると良いでしょう。

同じアカウントでクラスは使い分け可能

まず、ランキングを紹介する前に1つお伝えしたい点があります。
それは、「二ノ国: Cross Worlds」においてクラスを自分の好きな順番で育てることが可能です。その為、実際にプレイして肌に合わないなと思ったら積極的に変えていくと良いでしょう。
装備やイマージェン、お金などは同じアカウントであれば使い回すことが可能なので、メインに使うクラスがある程度強くなったら別のクラスを育てるのも良い選択肢です。
なお、レベルとメインクエストの進行度は各クラスごとになります。その為、クラスが変われば再びメインクエストは最初からになり、クエストやレベルで解禁する要素は新たに解禁する必要があるので、その点は注意が必要です。

クラスランキング第1位:ソードマン

ここからは、実際のクラスランキングを紹介していきます。執筆段階で最もバランスが良く使いやすいクラスは、ソードマンでしょう。
ソードマンは全体的にスキルがバランス良く配置され、攻防共に優れているのが特徴的なクラスとなっています。
「サイフォンブレード」で敵の防御力をダウンさせながら、自身と味方の防御力を上げたり、「生命の火」でHPを回復しつつバリアを貼り敵の猛攻を耐え忍びます。
また、「守護の聖域」で自身と味方の戦闘能力の強化を行ったりも出来るので、パーティの士気を上げつつ自身が先陣を切り戦う、まさに勇者の様な戦いが出来るのがこのソードマンというクラスと言えます。
また、自身の性能として体力や防御力が高く設定されているので、敵の猛攻を耐え凌ぎやすいというのも大きな利点です。
ソロプレイ時において、オートでの放置が長くなりやすい本作にとって、気付いたら敵に囲まれ殴られるという状況がどうしても発生します。その様な状況においても問題なく対応し、敵を退けられるソードマンは、オートでの狩り性能が高いキャラであると言えるでしょう。
ただし、ソードマンは単体での戦いに特化しているのもあり、複数の敵を一気になぎ倒す性能は余り持ち合わせていません。その為、対複数戦においては別の味方に頼ったり、あるいは1対1で戦う状況を作り出すのがベストと言えるでしょう。

クラスランキング第2位:ウィッチ

クラスランキング第2位は、僅差でウイッチを上げます。
先程紹介した「ソードマン」が単体に強いクラスなのに対し、「ウィッチ」は対複数戦のスペシャリストと言えるでしょう。
範囲内の敵を攻撃しつつ、気絶させかつ体力回復も同時に行う強力スキル「トワイライトノヴァ」を始め、「クリスタルウェーブ」も範囲内の敵に継続ダメージを与えさらに気絶も付与させたりと、とにかく範囲攻撃に関してウィッチの右に出るクラスはありません。
また、「デッドリースパイク」で相手の受けるダメージを上昇させたり、「煉獄殺」で敵の防御力をダウンさせたりと、相手を弱体化させる術が多いのも特徴。
さらにどのスキルもダメージが非常に高く、パッシブで発動するスキルも自身の火力をより強化するのも多い為、単純な火力面においては全クラス中最強と言える爆発力を誇ります。
プレイヤー同士の戦いであるPvP戦闘においても、一定距離を一瞬でワープしつつ一定時間無敵になれる「ブリンク」により攻守共に隙無し。手動で操作しているのであれば、最強の一角を誇る性能と言えるでしょう。

一方、自身以外の味方をサポートする様なスキルは皆無です。また、ウィッチそのものの耐久力は余りない為、オート放置においては範囲攻撃をしたせいで敵に囲まれて、気付いたら倒されるなんてことも起きたりするので、オートでの狩りの面においてはソードマンより安定しないと言えます。その為、僅差で2位という形となりました。

以上の2クラスが、最初に選ぶクラスとして筆者はオススメしたいものになります。

クラスランキング第3位:デストロイヤー

クラスランキングの第3位はデストロイヤーです。
このクラスは火力面は先程紹介した2クラスより劣りますが、一方で防御性能においては比類無き性能を持ち合わせています。
「フロストシールド」でバリアを展開し、敵からのダメージを吸収。シールドが破壊されれば敵にダメージと移動速度ダウンを与え、破壊されなければ自身の体力が回復します。
さらに「ウォークライ」を併用することで、敵の攻撃を自身に向けさせながら通常攻撃で受けるダメージもダウンさせたりと、まさに最前線で敵の攻撃を受け続ける”タンク”の役割を担うことが可能です。
パッシブスキルにおいても「不屈の魂」は体力が20%以下になると体力を継続回復させたり、「復讐の誓い」は一度に最大体力の15%以上の攻撃を受けると防御力・移動速度・攻撃速度を強化するなど、大きくダメージを受けるほど自身が強化されます。
これにより、ピンチの時ほどより性能がパワーアップする、味方にとって頼もしい存在になり得ると言えるでしょう。
それ以外のスキルも、受けるダメージを減らす等防御よりのスキルが盛り沢山。火力こそ出づらいですが、とにかく敵に倒されたくないという人にとってはオススメの職業と言えます。

ローグとエンジニアはサポーター向け

以上、3クラスが現状強力なクラスと言えます。
しかし、今回ランキングに入っていないローグとエンジニアが全くもって使えないクラスなのか、と言われると答えはNoと言えます。
ローグとエンジニアは遠距離職であり、そして味方へのサポートに秀でたクラスなのです。その為、単体だとどうしてもその性能を発揮しづらいと言えます。

まずローグ。ローグは弓を使い敵を攻撃します。そして、非常に多彩な味方へのバフを振り撒き、味方の戦闘能力を著しく高めます。さらに弓での妨害スキルも豊富で、敵の動きを遅くしたり、遠距離から気絶させることで前線にいるアタッカーに攻撃チャンスを作り出すことに秀でています。

エンジニアは銃を使う遠距離職ですが、実際の所はヒーラーとしての面が強いです。自身は元より、パーティの味方を回復するスキルを複数所持しているのはエンジニアだけ。さらにエンジニアは戦闘不能になった他のキャラクターすら回復することが可能。
フィールドで倒れた場合、指定した場所まで戻るか課金で入手出来る石でしか普通は復活出来ません。しかしエンジニアがいれば、スキルによってその場で復活させて貰えます。パーティ内に1人いれば、非常に心強い味方と言えるでしょう。

以上の様に、戦闘能力は他のクラスより劣っていても、そのクラスでしか出来ない明確な役割がこの2つのクラスには存在します。また、今後は「キングダム」絡みで多数のメンバーと組んでの大規模戦闘のコンテンツが多く実装予定です。
その為、パーティプレイが好きなプレイヤーは、今からこの2つの職業を極めてみるのもまた1つの楽しみ方と言えるでしょう。