きみのまち ポルティア

  • 攻略
  • スマホ

【きみのまちポルティア】プレイレビュー!自分で作って生活するスローライフゲームの面白い点や評価を徹底解説

きみのまちポルティアとは?

きみのまちポルティア(My Time at Portia)は、インディーゲームを手掛ける中国のゲーム製作会社Patheaによって製作されたスローライフゲームです。PC・PS4・switch・Android・iOSなどの各ストアで購入及びプレイできます。スマホ版の販売は、フィギュアストーリーで有名なゲーム会社Nuverseが担当。PC版やPS4版と同じ内容をそのまま移植しているため、スマホ版でも遜色なく楽しめます。
物語は、遺跡に囲まれた街ポルティアに主人公がやってくることから始まります。プレイヤーは主人公として父親の残した工房を引き継ぎ、新米ビルダーとしての生活を開始。街の住人と出会い、願いを叶えるビルダーとして活躍していきます。大筋のメインストーリーはありますが、ゲーム開始からどう生きていくかはプレイヤーが決められますよ。世界の真実を求めるもよし、恋人を作って家庭を築くもよしの本格スローライフが待ち受けています。

ゲームシステムはシンプル。画面下のショートカットにセットしたツールや武器、アイテムでキャラの行動が変化します。ツルハシを持てば石を掘り、剣を持てば攻撃を行う簡単仕様です。楽しむ上で重要なクラフトもレシピが用意されており、その通りに素材を用意すれば良いのでお手軽ですよ。必要なアイテムの入手場所がわかるナビゲーション機能もあるので、素材集めもやりやすくなっています。
登場人物たちのボイスは主人公を含めて全て英語になっていますが、セリフは全て日本語訳済み。誤訳はほとんどないので、スムーズにストーリーを堪能できます。さらに街の住民たちは結婚まで視野に入れたシステム設計となっており、スキンシップを続けることで最終的に家族になることも可能ですよ。
他バージョンからの完璧な移植によって高い自由度でプレイ可能。何をするのも自分次第の本格スローライフゲーム作品です。

きみのまちポルティアの魅力

のどかな街の自由度高すぎスローライフ

きみのまちポルティアでは、街の新しいビルダーとして住民たちの依頼を受けて問題を解決しながらのんびりとした生活が堪能できます。物語の大筋となるメインストーリーは主人公への依頼という形になっており、納期は無期限なのでいつ物語を進めるかは好きに決めることが可能です。その日1日何をするのかも自分次第。毎日寝て起きて好きなところへ行き好きなことをやって暮らせるので、本当にその世界で暮らしている気分になります。

さらに街の住民たちと交流を行うことで住民と仲良くなることも可能。知り合いから友人、さらには恋人や夫婦にまで発展できるため、住民との交流で主人公の人生が少しずつ変わっていきます。もちろん、一切交流を持たないのもプレイヤーの自由。ゲームシステムが本格的なので、理想の第2の人生を謳歌できるのが特徴的ですね。
加えて、自宅は改装と土地の購入で広い土地を利用して牧場にすることも、本格的な作業場に変えることも可能です。ポルティアの街でどう過ごしていくかはプレイヤーの自由、それこそがきみのまちポルティア最大の魅力でしょう。

作業台と組み立てステーションを使ってクラフト

プレイヤーは、自宅にある作業台と組み立てステーションを使うことで、簡単にアイテムを作れます。最初は当然作れるアイテムが限られていますが、ゲームを進めていくにつれてレシピが増加。プレイすればするほど作れるアイテムが増えていきますよ。必要な素材を集めるだけで簡単に作れるので、製作作業のような難しい操作は必要ありません。
作業台では一部の部品アイテムや武器、ツール、家具などを作成可能。自分で生活に必要な装備品を用意できる他、家の装飾をそろえられます。最初はレベル1ですが、レベルが上がっていくと作れるアイテムの種類が増えていきますよ。素材をセットすればすぐにレシピのアイテムを作れます。

さらに組み立てステーションでは、作業台では作れない大きなアイテムを作成できます。鉱石を素材である延べ棒に変えるかまどや素材を加工するための機材を作れるため、作業台と同じく重要な機能です。研究でレシピを増やすことで、作れるアイテムの幅がどんどん広がっていくのが面白いですよ。
作業台と組み立てステーションがあるからこそ、ポルティアでの自由な生活が待ち受けているといっても良いでしょう。スローライフゲームの醍醐味である、本格的なものづくりを堪能できますよ。

スキル強化でキャラ能力を向上

プレイヤーキャラにはレベルシステムが適用されており、レベルが1上がるごとにスキルポイントが1もらえます。そのスキルポイントを使うことで、経験値や攻撃力、採集能力などを強化可能。スキルレベルを上げるほどスキルの恩恵が強くなっていきます。スキルの割り振りを利用することでキャラを簡単に自分好みの性能へ育成できるのが魅力的。
スキルによっては素材を集める際にレアアイテムを出やすくしたり、住民たちとのコミュニケーションを良くしたりする効果もあります。割り振り次第で主人公の生活が変化していくので要注目の機能です。

ちなみに、スキルの振り分けはリセット可能。課金の必要はなく、資金さえ用意できればいつでも自由にリセットできます。自分好みの主人公の性能を求めて試行錯誤できるのが面白いですよ。

武器を携え危険な遺跡を大冒険

ポルティアは田舎にある少し発展した普通の街に見えますが、実は周囲に滅んだ文明の遺跡が眠っている不思議な街です。その遺跡はモンスターが出ない安全なものから、ボスモンスターが出てくる危険なものまであります。そんな遺跡内部を探索することで、地上では手に入らない素材や遺物を収集できますよ。集めた遺物は使い方次第でプレイヤーの生活を豊かにしてくれます。主な使い道だと、研究所での解析による新クラフトレシピの開拓が代表的です。解析し続けることでレシピが埋まっていくのが爽快ですよ。

剣や銃などの武器を用意することで、モンスターが出てくる「危険な遺跡」の探索も可能。挑むにはそれなりの強さが必要になりますが、地上ではなかなか遭遇できない強力なモンスターとのバトルが展開します。特に階層ボスを倒せばレアアイテムが手に入るので、積極的に挑戦したいですね。
遺跡を利用することで新たなレシピを開拓、アイテムの作成ができます。ただひたすらクラフトを行うだけでなく、危険な遺跡でのスリルある大冒険も味わえるのが遺跡探索の魅力でしょう。

改装して自分だけの家を作り上げる

ポルティアの街にある建設会社に行くことで、素材と資金を使って家を改装できます。家の拡張から作業台や組み立てステーションのレベル上げなど自由自在。まさに自分だけの本格的な家作りが楽しめます。改装に合わせて敷地の拡張も必要になりますが、その分できることやモノを置く場所が増えるのが魅力的です。

さらに家の中は自分で作った家具をはじめとして、遺跡で集めた遺物や装飾での模様替えも可能。最初はベッドしかありませんが、本棚や時計などの集めた家具を配置できます。配置できる家具にはそれぞれプレイヤーキャラの能力強化効果もあり、HPやスタミナ、攻撃力の最大値を上げられますよ。模様替えするだけでキャラの育成につながります。
家の改装には指定の素材や資金が必要なのがネックですが、そのシステムがまた本格的かつ現実味があり面白いです。どんどん家具を使って自分の家を作り上げていきましょう。

きみのまちポルティアの不満点・注意点

スマホ版はダッシュ機能でバグが発生しやすい

元々きみのまちポルティアはPCゲームから始まり、PS4やswitchでもプレイできます。それをボタンがないタッチパネル式のスマホ版に移植しているので、多少の誤作動がありますね。特に多いのはダッシュ機能、ダッシュボタンか移動操作時にダッシュマークにドラッグで発動する走る機能です。ダッシュボタンで走る際に不便はないのですが、ドラッグして走る状態にするとオフにしようとしても反応せず走り続けます。
解決方法はメニューやバッグを開くことです。違う画面に行くと強制的に立ち止まるように設計されているので、バッグを開けばダッシュ状態が解除されます。今後の更新で修正される可能性は高いですが、万が一走り続ける場合はバックを開いて強制的に止めましょう。

計画的に動かないとイベントを逃すこともあるので注意

ポルティアの街は主人公主体で動いているのではなく、システム上街が主体で回っています。登場人物たちも本物の人間のように1日を過ごしているので、日によっては街のイベントが開催されることもありますよ。その中に大筋のストーリーを進めるためのイベントもあるため、毎日届く郵便を確認して計画的に動かないとイベントを逃してしまいます。
特に市長主催の夕べの会は、主人公に関するイベントが多く今後発生するストーリーの伏線や依頼が発生します。逃してしまうとイベントアルバムに穴が開いてしまうので、全回収したい方は注意してくださいね。ちなみに、イベント自体は逃しても、ミッションは受け取れるので物語は進みます。

きみのまちポルティアはこんな人におすすめ

・スローライフゲームが好きな人
・自給自足の冒険を楽しみたい人
・のんびり自分のペースでゲームを楽しみたい人
・街作りゲームが好きな人

きみのまちポルティアの基本情報

ジャンル スローライフものづくりゲーム
プレイ人数 1人
ハード PC、PS4、switch、Android、iOS
リリース日(スマホ版) 2021年8月5日
価格(スマホ版) 980円、アプリ内課金無し